アギーレジャパンはザック流でアジア大会へと臨むべきである理由。

スポンサーリンク

昨日行われた宿敵、オーストラリアとの対戦は今野、そして日本代表のエースストライカー岡崎のゴールで2−1で勝利となりました。

試合途中にはこれまでのアギーレ監督が用いてきた4−3−3のアンカーを置いたシステムから日本代表ではおなじみとなった4−2−3−1のシステムを採用しました。

この採用により中盤が安定し、ボールが相手のバイタルエリアへと侵入して行くことになりました。

宿敵相手に勝利という結果を手にした日本代表ですが、必要以上に現段階でアギーレ監督の色を出す必要がないと僕は考えています。

その理由は・・・

アジア大会優勝の絶対的な意味。

アジア大会。簡単に優勝する事が出来ないことはみなさん十分に承知していると思います。PK戦や理不尽な退場など、毎大会波乱があります。

前回大会ではサイドバックの伊野波が決勝ゴールを挙げて勝利するなど波瀾万丈でした笑。

そのアジア大会で優勝する事で得られるのは、なんといってもコンフェデへの参加権でしょう。

コンフェデレーションズ杯。

W杯前年にその地で開催されるプレ大会。各大陸の優勝国が参加するこの大会に出場する意味は計り知れません。

必ず出場しなければならないと言っても過言ではないでしょう。

その中で、新戦力を多用した戦いで勝ち抜けるのかという疑問が浮かびます。

アジア大会はテストの場ではありません。日本代表がこれから成長するために必ず勝たなければならない大会です。

 

そのためには、前監督と同じと揶揄されようが結果を求める必要があると思います。

 

本田や遠藤などに頼っても良いのではないでしょうか。遠藤や今野が見せる安定感は抜群であると実感した所です。

その中で柴崎や武藤などの新戦力が多くの時間を共有して成長する場にすればいいと思います。その中に森岡の姿はあるのか・・・。

 

とにもかくにも

 

絶対優勝!アジア大会!

 

オーストラリアいきたいなぁ・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。