インターハイ決勝戦を観戦してきました!綺麗な芝生でやらせてあげたかった。




リーグ戦が東アジア選手権でお休みのためサッカーに飢えています。

なので、いぶきのステップアップリーグと迷いましたがノエスタで開催されているインターハイの決勝戦を観戦してきました。

image

女子は後半から

朝からの予定を済ませて、急いでスタジアムに向かいました。

到着したのは11時にキックオフされた女子の決勝戦後半がスタートしたところでした。

対戦カードは兵庫県の日ノ本高校と大阪の大商学園。

関西対決となった試合は、日ノ本がうまくつないで前へボールを運ぶものの最後のアイデアが足りない展開でした。

一方で大商学園はFWがしっかりとボールを収めるため攻撃に展開力がありおもしろい試合になりました。

しかし、決定機はいくつかあったものの決まる事はなく延長戦も終了してPK戦へ。

PKは運もあります。

先攻の日ノ本高校5人目がストップされて、迎えた大商学園の5人目はポスト。

ここで流れが変わってしまい、最後はゴール左へ外してしまって日ノ本高校が優勝となりました。

image

男子は攻める東福岡と耐える市立船橋

午後からスタートした男子の決勝は増山の母校である東福岡と市立船橋。

両校とも、リーグ戦では最上位のプレミアリーグに在籍している東西の雄です。

パスワークでしっかりとボールをつなぐ市立船橋と前線が流動的に動きながらも両サイドが切り込む東福岡の対決でした。

先制点は東福岡。

右サイドの三宅が1人で相手をぶっちぎってそのまま逆サイドネットへ突き刺しました。

image

その後、東福岡は何度かチャンスを作って後半に2度もポストに当てるシュートを放ちました。

一方の市立船橋はしっかりとボールをつなぐものの、縦パスがことごとくカットされるなど厳しい展開。

縦にボールが入っても、全体に押上が足らずに苦しい展開になりました。

しかし、試合は後半ロスタイムに動きました。

ゴールから約30mほどで獲得したFKを市立船橋11番工藤くんがクリロナばりの仁王立ちから豪快に蹴り込んで同点。

image

 

image

 

完全に流れは市立船橋でしたが、延長戦で決着がつかずにこちらもPKへ。

PKはお互い順調に決める中、サドンデスに入ったところで市立船橋の選手がゴール左に外してしまい決着。

image image image

かなりの好ゲーム。もっと良いピッチでやらせてあげたかった。

PKは残酷です。

外してしまった選手は頭を抱えて崩れてしまいました。この経験をかてにもっと成長して欲しいですね。

この試合はかなりの好ゲームでした。

両チームとも素直にうまい選手が多く、しっかりとボールがつなげるチーム同士でした。

なので、芝生がぼろぼろのノエスタでやらせるのが可哀想になりました。

芝生どうにかしてくれ!

image