ノエビアスタジアムでINAC神戸レオネッサのホーム最終戦を観戦

スポンサーリンク

今日は、ノエビアスタジアムで行われたなでしこリーグを観戦してきました。

神戸を本拠地とするINAC神戸レオネッサは今日がホーム最終戦。

そのため、お客さんも今日はたくさん入っていました。

久しぶりにノエビアスタジアムのメインスタンドでサッカーを観戦する機会となりました。

image

圧倒的なサイド崩し

前半で試合を決めたのはINAC。

両サイドをワイドに使った攻撃を展開して浦和を圧倒。

右サイドからも左サイドからも中央からもシンプルでありながら連動したパス回しを展開していました。

パスからの崩しもあれば、カウンターもある。バランスの良い攻撃を展開していたのが目につきました。

先制点は右サイドから。

右サイドをパス交換で突破して、エンドライン際までドリブル突破して、中央でワンタッチゴール。

完璧な崩しでしたし、ゴールを挙げたのはボランチの選手?だと思います。厚みのある攻撃でした。

2点目はカウンターからライン裏へのボールで得点。

カウンターでも前線に3枚走り抜けているので攻撃に選択肢が多く魅力的でした。

3点目は前半終了間際。

右サイド奥へとまたパス交換から突破しました。

相手の守備陣形が整う前にクロスを供給すると、中央で相手CBをバックステップで剥がして無人のゴールへ蹴りこみました。

前半だけで、様々なバリエーションのゴールを見る事が出来たので楽しかったですね。

image

後半は眠たい展開に

前半でほぼゲームが決まってしまった事もあり、後半は少し眠たい展開になってしまいました。

浦和が少し攻勢に出たものの、落ち着いて対応したのは神戸でした。

守るべき時間帯は守って、落ち着いて前線へとパスを供給していました。

高瀬選手がしっかりと納める事ができるので、押し上げの時間帯も確保できて、理想的な展開を実施できていました。

後半途中に2トップを2枚とも交代させてリフレッシュさせました。

代わって入った道上選手は強くて推進力はあったのですが、判断面でまだまだだなと思った次第です。

最後は我らの仲田ぽむさんが出てきたので僕は満足です。

image

なでしこリーグのセグメントという点

久しぶりになでしこリーグに訪れたわけですが、Jリーグ慣れしていると違和感を覚える事も多数ありました。

試合前に、ゴール裏のチャントを紹介して煽るんですが、スタジアムDJも合わせて煽るわけでそれがなんか良くないなぁと思いました。

そもそも、なでしこリーグを観戦するお客さんでゴール裏でばりばりやりたいと思っている人が少ないんだと思うのです。

Jリーグの殺伐とした雰囲気を嫌って、ゆったりと見たい方もいらっしゃるでしょう。

どういった顧客をつかんでいくのかという点で迷っているのではないかと思ってしまいました。

今日の観客数は約4500人。

この数字をどう見ていくのかというのがこれからの課題なのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。