内部昇格:中坂勇哉選手 滑り込みでトップ昇格!天才肌のファンタジスタ!




既に、藤谷・東の両選手が昇格する事が決定しています。

加えてユースから中坂選手の昇格が決定・発表されました。

中坂選手は正に天才肌という選手で、ちょっとやんちゃな風貌ですが実力は折り紙付きです。

トップ下やFWなどをこなします。森岡のようなタイプでしょうか?期待出来ると思います。

ヴィッセル神戸U-18よりMF中坂勇哉選手 トップチーム昇格のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸U-18MF中坂勇哉選手(18)が2016シーズンよりトップチームに昇格することが決まりましたのでお知らせいたします。

中坂 勇哉(Yuya NAKASAKA)

■生年月日:1997年8月5日(18歳)

■身長/体重:171cm/61kg

■ポジション:MF

■出身地:徳島県

■チーム歴:田宮ビクトリーサッカー少年団(2003〜2009/徳島市立千松小・徳島)→ヴィッセル神戸U-15(2010〜2012鷹匠中学校・兵庫)→ヴィッセル神戸U-18(2013〜2015神戸国際大附属高等学校・兵庫/2015相生学院高等学校・兵庫)

■プレーの特徴:積極的なドリブルの仕掛けからチャンスを作るだけでなく、自らゴールを狙う事が出来るミッドフィルダー。イマジネーション溢れるプレーで相手の守備陣を翻弄し、時には相手の逆を取るプレーで一瞬にして局面を変える事が出来る。

■中坂勇哉選手コメント:
「サッカーを始めた時からの夢が叶って非常に嬉しく思います。ここまで来られたのは、家族やクラブ関係者、チームメイト、サポーターなどの大勢の方々の支えがあったからです。ここからがスタートであり勝負だと思うので感謝の気持ちを忘れず、お世話になった方々に恩返しが出来るように、1年目からレギュラー争いできるよう頑張ります」

紆余曲折があったからこそ大活躍して欲しい

中坂選手は今季のスタート時、チームに帯同していませんでした。

帰って来たのは夏前。頭を丸めた状態でした。

そこから、チームの信頼を取り戻し、背番号44番としてプレーを再開しました。

本来であれば、チームの司令塔として10番を背負ってプレーしているはずの選手です。

大きな背番号を背負って、必死にプレーする中坂選手の姿を目撃した方も多いのではないでしょうか。

その後、トップチームの練習に帯同する機会が増えた中坂はトップの中でも堂々とプレーしていた印象があります。

11月は何度か練習を見学しましたが、その度にミニゲームで得点シーンを創出するなど積極的なプレーを展開していました。

森岡と違って相手を背負って、キープする能力もありますし、ドリブルで場面を打開出来る能力もあります。

またヘディングでも得点を狙っていく姿勢などサッカーに対する意気込みや気持ちが見えるプレーをする選手だと思います。

彼に期待しているサポーターも多いことでしょう。

じっくり育てるなんて悠長な時間はありません。来季から出場機会を獲得してプレーして欲しいです。