前田凌佑が主力組に!ネルシーニョ監督のチーム運営力に脱帽

スポンサーリンク

お久しぶりです。最近はなかなか書きたいと思うネタがなくてお休みしておりました。

本日のニュースで報道されたのがこの記事でした。3年目を迎えるユース上がりの前田が主力組に抜擢されたという記事です。

 J1神戸のMF前田凌佑(20)が5日、神戸市内で行われた練習で主力組に抜てきされた。11対11のハーフコートゲームでは新外国人MFフェフージンとコンビを組み中盤でプレー。確かな技術と小気味よいパス回しでリズムを生み出した。

ジュニアユース時代からの同期でU-22(22歳以下)日本代表DF岩波とは対照的にこれまで出番に恵まれなかった。ネルシーニョ新監督の思わぬ起用に「いつでも自分を見てくれていることが分かった」と奮起した。

6日から2次キャンプ(鹿児島)が始まる。「今年に懸ける気持ちは強い。チャンスを逃さず自分のできる全力を出していきたい」。まだ定位置が約束されたわけではない。いまだ公式戦出場のない20歳は、背水の覚悟で3年目のシーズンに臨む。

スクリーンショット 2015-02-06 23.45.03

抜群のタイミングでの起用

フィジカルを鍛える1次キャンプを終えたヴィッセル神戸はこれからボールを使った戦術トレーニングに移行していく時期でしょう。

2次キャンプを控えたこのタイミングで主力組にまだリーグ戦出場経験がない前田を起用してきました。

もちろん、フロックでないことは間違いありません。ですが、それ以上にキャンプ前に前田のような若手を主力組で起用する事で2次キャンプに臨むモチベーションが向上するでしょう。

和田や山口・増山たちの若手組もこれを見て、アピールすればチャンスが貰えることを実感するでしょう。

口では『チャンスを貰えるように努力したい』と言っていても、いつもいつもサブでプレーするとモチベーションが落ち込む時期が来ます。

これは人間であれば仕方の無いことでしょう。しかし、今回のような起用ばあれば周りも刺激を受けますし何より本人の意識に変革がおきます。

これまでは主力組と戦術的なコミュニケーションを取っていなかったかもしれませんが、今日以降前田はそういった話し合いを積極的に持つようになるかもしれません。

そういった意識の変革がクラブの底力を上げて行くと思います。

ネルシーニョ監督が絶妙なタイミングでこういった起用をしてきた事を見て、やはり素晴らしい監督であると再認識する事になりました。

今季のヴィッセル神戸に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。