和田倫季が仁川ユナイテッドへレンタル移籍!




突然の発表でした。

今年になって、全くと言っていいほど試合に絡む機会がなくJ3への招集もなかった倫季がレンタル移籍となりました。

行き先は国内ではなく韓国。

仁川ユナイテッドへの移籍となりました。

MF和田倫季選手 仁川ユナイテッドFC(韓国)へ期限付き移籍のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸MF和田倫季選手(20)が、韓国・Kリーグ仁川ユナイテッドFCへ期限付き移籍することが決まりましたのでお知らせいたします。期限付き移籍期間は、2015年12月31日までです。

 

和田 倫季(Tomoki WADA)

■生年月日:1994年10月30日(20歳)

■ポジション:MF

■身長/体重:172cm/57kg

■出身地:兵庫県神戸市

■チーム歴:

2004~2006 神戸FC(鶴甲小学校/兵庫県)

2007~2009 ヴィッセル神戸Jr.ユース(長峰中学校/兵庫県)

2010~2012 ヴィッセル神戸U-18(神戸科学技術高)

2013~ ヴィッセル神戸

■出場歴:2015年7月31日現在

J1リーグ戦、リーグカップ戦出場なし、天皇杯1試合出場0得点

■和田選手コメント:

「今回、韓国Kリーグの仁川ユナイテッドに期限付き移籍することになりました。トップに昇格して、これまでの2年半で、様々な貴重な経験をすることが出来ました。この移籍で、メンタルとフィジカルと一から鍛え直して、何倍も成長したいと思います」

最後のチャンス

文字通り、この移籍が最後のチャンスとなるでしょう。

岩波、松村、前田と共に4名同時昇格となった中で1人だけ表舞台に出てくる機会がありませんでした。

私自身、彼のプレーを見た事があるのは数度。

天皇杯でのプレーとベトナム代表との練習試合が記憶に残っています。

天皇杯では、サイドバックとしてプレーしていました。しかし、スピードがあるタイプではないためサイドでの活躍は難しいのかなと思いました。

一方で、ベトナム代表との試合ではトップ下に入り、1トップの松村やボランチの前田と小気味よくパスを回していました。

本人は攻撃的な位置である程度自由を得てプレーしたいのかなと思いました。

仁川では大きな期待に応えて、自由に想像力のあるプレーを期待したいですね。

見に行ってみようかな。