契約満了:カン・ユング選手 契約満了ですが、韓国3部リーグに移籍したはず!

スポンサーリンク

今日は契約満了の発表がありました。

昨季は愛媛FCに期限付き移籍をしていたカンユング選手が契約満了と発表がありました。

昨月だったか、ツイッターで韓国へと帰国しているとの情報を見たので既定路線だったのでしょう。

神戸では1試合だけの出場でしたが、韓国でも頑張って欲しいですね。

DFカン ユング選手 契約満了のお知らせ

このたび、2015シーズン期限付き移籍にて愛媛FCに所属しておりましたDFカン ユング選手(22)の契約が満了し、契約を更新しないことが決まりましたのでお知らせいたします。

カン ユング (GANG Yoon-Goo/姜 潤求)

©VISSEL KOBE

■生年月日:1993年2月8日(22歳)

■身長/体重:168cm/68kg

■ポジション:DF

■出身地:大韓民国

■チーム歴:長薫(チャンフン)高校→東亜(トンア)大学→ヴィッセル神戸(2013)→大分トリニータ(2014期限付き移籍)→愛媛FC(2015期限付き移籍)

■出場歴:
・J2リーグ通算:リーグ戦1試合出場0得点/天皇杯1試合出場0得点
※2015シーズン:J2リーグ戦、天皇杯ともに出場なし

■代表歴:U-19韓国代表(2012)、U-20韓国代表(2013)、U-21韓国代表(2014)

■カン ユング選手コメント:
「初めてのプロ生活を実現させてくれて本当に感謝しています。感謝の気持ちを忘れずにこれからのサッカー人生に活かしていきたいと思います。3年間たくさんお世話になりました。ありがとうございました」

韓国へ帰国、3部リーグでプレーを続行との情報も

カン選手は神戸に入団後、翌年には大分へと期限付き移籍。

その翌年には愛媛に移籍しました。

移籍先では大怪我を負うなど、厳しい経験を積んだ時期もありました。

日本という異国で3年間も滞在してプレーした経験は彼にとって財産になったはずです。

韓国に帰国し、3部リーグのクラブに移籍したとの情報がツイッターで拡散されていたのでおそらく帰国後もサッカーを続けるのでしょう。

せっかく神戸でプレーしてくれたのですから、韓国でもう1度活躍して、1部リーグでプレーする姿を観れるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。