安田理大の獲得が正式発表!これは大きい!




昨日も報道が出ていた安田理大の獲得が正式発表されました!

待ちに待ったサイドバックの補強が日本代表クラスで実現しました。

サガン鳥栖よりDF安田理大選手 完全移籍加入決定のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸では、2015シーズンの新戦力として、サガン鳥栖よりDF安田理大選手(27)が、完全移籍にて加入することが決まりましたのでお知らせいたします。

安田 理大(Michihiro YASUDA)

■生年月日:1987年12月20日(27歳)

■身長/体重:173cm/75kg

■ポジション:DF

■出身地:大阪府吹田市

■チーム歴:
ガンバ大阪ジュニア(1997~1999)→ガンバ大阪ジュニアユース(2000~2002)→ガンバ大阪ユース(2003~2005/吹田東高校)→ガンバ大阪(2006~2010)→フィテッセ(オランダ/2011~2013)→ジュビロ磐田(2013.9~)→サガン鳥栖(2014)

■出場歴:
・J1リーグ通算 リーグ戦151試合出場2得点、リーグカップ戦19試合出場2得点、天皇杯出場19試合0得点、アジアチャンピオンズリーグ23試合出場4得点
・オランダリーグ通算 リーグ戦45試合0得点、リーグカップ戦6試合出場0得点

■その他の出場記録:
2007年 ゼロックススーパーカップ1試合出場0得点
2008年 FIFAクラブワールドカップ3試合出場0得点
2009年 ゼロックススーパーカップ1試合出場0得点
2010年 ゼロックススーパーカップ1試合出場0得点
2012年 UEFAヨーロッパリーグ 2012-13 予選 3試合0得点、エールディヴィジ プレーオフ 1試合0得点

■代表歴:
U-15日本代表、U-16日本代表、U-17日本代表、U-18日本代表、U-19日本代表、U-20日本代表、U-22日本代表、日本代表
-2007年 FIFA U-20ワールドカップ出場
-2008年 北京オリンピック出場
-2008年 東アジア選手権
※国際Aマッチ7試合出場1得点

■安田選手コメント:
「ヴィッセル神戸に完全移籍で加入することになりました安田理大です。ヴィッセル神戸の一員になれて本当に嬉しく思います。幼少期育った神戸で、ヴィッセル神戸のために全身全霊を注いで戦います。ヴィッセル神戸サポーターの皆さんよろしくお願いします。」

image

左サイドバックが最大の補強ポイント

橋本と茂木が契約満了となったためサイドバックの層が大変薄くなっていました。

そんな中で獲得したのはJ2のレギュラークラスではなく、上位クラブの日本代表クラスでした。

鳥栖にとっても現状の戦力を維持する資金的な余裕はなかった点も獲得が成功した要因の1つでしょう。鳥栖はACLの出場権が獲得出来なかったため、ダウンサイジングが予想されます。

そこへ資金力が増強された神戸がオファーを出したというわけです。

しかし、この獲得だけでも今オフの補強は成功の部類ではないでしょうか。

鳥栖から大量の草刈りが?

鳥栖の選手には神戸からオファーが届いていると報じられている選手が複数います。

FWの豊田選手に加えてGKの林選手へのオファーも報じられました。

上記に書いたように、好成績をあげても鳥栖に在籍する限りは報酬がアップするわけではありません。

そういった環境ですので、移籍して新たなステージへと上がりたいと考える選手がいるのもうなずけます。

良い選手が多い事も事実ですし、ここは攻勢をかけてほしいですね!