山口真司選手が大分へ育成型期限付き移籍が決定!暴れてこい!




左サイドバックの若手、山口真司選手が大分へ育成型期限付き移籍することが発表されました。

左サイドバックの陣容が四人と人員過多になっていたため納得の武者修行となります。

J3ではありますが試合に出て、実戦経験を積み、神戸に帰ってきてほしいですね!

DF山口真司選手 大分トリニータへ育成型期限付き移籍のお知らせ

この度、ヴィッセル神戸DF山口真司選手(20)が、大分トリニータへ育成型期限付き移籍することが決まりましたので、お知らせいたします。期限付き移籍期間は、2016年8月20日~2017年1月31日です。

なお、契約により期限付き移籍期間中に開催される第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会にてヴィッセル神戸と対戦する場合は、山口真司選手は試合に出場できません。

 

山口真司(Shinji YAMAGUCHI)


■生年月日:1996年4月26日(20歳)

■身長/体重:170cm/57kg

■ポジション:DF

■出身地:兵庫県神戸市

■チーム歴:
兵庫FC(2003~2008/春日台小・兵庫)→ヴィッセル神戸U-15(2009~2011/平野中・兵庫)→ヴィッセル神戸U-18(2012~2014/神戸学院大学付属高・兵庫)→ヴィッセル神戸(2015~)※2014年は2種登録選手として在籍

■出場歴:
[J1リーグ通算]リーグ戦1試合出場0得点、リーグカップ戦2試合出場0得点、天皇杯1試合出場0得点
※2016シーズン記録:J1リーグ戦出場なし、リーグカップ戦出場なし、天皇杯出場なし

■山口選手コメント:
「この度、大分トリニータに移籍することになりました。今シーズン、チームに全く貢献できなかった悔しい思いをバネにして、大分トリニータでしっかり成長したいと思います。遠く神戸の地に自分の活躍の知らせが届くように、一生懸命頑張ります」

ナビスコ準々決勝アウェイ柏戦を忘れない

山口選手といえば、昨年のナビスコカップ準々決勝アウェイ柏戦を思い出す人も多いのではないでしょうか。

現地で観戦していたので余計に思い出深い出来事として記憶しています。

左サイドバックにけが人が多く巡ってきたチャンスでした。

増山と連携して左サイドを突破した山口は中央に走りこんだ渡邉にドンピシャクロスを供給。

貴重な追加点をアシストしました。

今年は期待していたのですが度重なる怪我でチャンスをつかむことができませんでした。

高い攻撃能力とスピードは誰もが認めています。

強い身体と体幹、守備の経験を積めば神戸でプレーする日も訪れるでしょう。

現状、ユースを見ても山口を超える左サイドバックはいません。

必ず帰ってこれると信じて大分で成長してほしいですね。