村井チェアマンが『J‘s GOAL』についてコメント!JリーグはJ’sの価値を理解していない

スポンサーリンク

先日の『J’s GOAL』についての記事がスポーツナビに取り上げられました。

客観的な評価を頂いて嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

そして、今日の村井チェアマンの会見にてチェアマンの口からその話題についてコメントがありました。

宇都宮さんが執筆された記事がスポーツナビに掲載されていますので、それを引用しながら私の見解を綴りたいと思います。

認識が甘い。それだけである。

まず、なぜこの話題に触れたのか。それは記者からの質問が発端です。質問は以下の通り

「『J’s GOAL』がなくなって試合の詳細が分からなくなった」

「監督会見や選手コメントが確認できずに不便」

至極真っ当な意見ですね。同感であります。スタメンのツイートもなくなり不便に感じている人がどれだけたくさんいるのかという話です。

それに対して村井チェアマンがの回答は以下の通り

「ファン、サポーターから多くのそうした声が届いていることは私の耳にも届いています。2つあったものをシステム統合することを優先させたが、個々の内容については今のものでは物足りないというのも事実なので、そのあたりの議論を始めているところ。相当数のライターが全会場に張り付いて、詳細な監督会見を伝えていくようなスタイルがいいのか、あるいは会見動画をどんどんアップするというのもありかもしれない。旧来のものに戻すのか、新しいやり方も含めて考えていかなければならないと認識しているので、少しお時間をいただきたい」

そもそもの認識が間違っているのではないでしょうか。この回答では監督の会見内容だけが触れられていて肝心の選手コメントが欠落しています。

公式サイトではのせられないような微妙なニュアンスのコメントを掲載するメディアがなくなってしまった。

そして、そのコメントを引き出せるライターを失わせた。

その点が問題なのではないでしょうか。

加えて、今更議論を始めるなど遅すぎますよね。議論するなら平行して運用して議論するべきであって、一度ぶち壊してから議論する事に意味があるんでしょうか。

次はこの部分

ある報道では「それぞれのサイトのユーザーが重複するようになったため」というJリーグ担当者のコメントが紹介されていた。ただしそれはあくまでJリーグ側の都合によるもの。実際のユーザーは、統合されたサイトにどれだけメリットを感じているのだろうか?

Jリーグが顧客目線で考えていない事が伺えます。

「それを集計しているところなので、今の段階では総括できない。動画やデジタルトラッキングなどの情報が豊富になったとのポジティブな情報も届いていると認識しています。ただ(統合前の)『J’s GOAL』に比べると、情報の量が落ちているという指摘もあります」

いやいや。では、そのようなコンテンツを『J‘s GOAL』に加えれば良かったのではないでしょうか。

情報の質が落ちているというレベルではなくステージが1つ下がっているという事でしょう。双方向なコミュニティを創出するようなサイトではなくただのスポーツ新聞のようなサイトになっているのですから。

村井チェアマンはこうも述べています。

「ウェブサイトについては必要に応じて、常にチューニングを重ねていくことになる。今回もかなりシステム上のバグがあって、試合をスクロールしても特定の会場が表示されないとか、いくつかシステム上のトラブルがあった。ユーザーインターフェイスの前に、まずはシステム上のバグを修正しているところです。それと、なかなか目的のところにたどりつけない不便さについては、サイトの設計の見直し、コンテンツの良し悪しの判断などをやっていきます」

サポーターはバグチェッカーではありません!

まさかトップからこのような腑抜けた発言が出るとは思いませんでした。あれだけのバグを放置のままサイトをオープンするなんてありえないでしょう。普通なら担当の上長が首になってもおかしくないレベルかと思いますが・・・。

そもそもJリーグは『J’s GOAL』が持つ本当の価値を理解していない

スクリーンショット 2015-03-11 21.29.34

このやりとりの記事を読んでいて、本当に思ったのはこのレベルでしか評価していない人間が簡単に価値あるサイトと歴史をぶち壊したことに怒りを覚えます。

サッカーが持つ魅力は適切な感覚で試合が訪れる非日常感とコミュニティの創出です。

サッカーに行くから友達に会える。知らない世界に触れられる。同じ時間を共有する事で自分の存在を確認出来る。

そしてJ’sにはその試合にあった別のストーリーを感じる事が出来たのです。

加えてもう1点

サッカーでご飯を食べる事が出来た人を相当数失いました。

サイトの閉鎖に伴ってサッカーのライターを辞めた人がいます。サッカーファミリーを失いました。

コミュニティの一員を失いました。

この現実をもう一度直視してより良いサイトにして欲しいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.