来季への動き〜ネルシーニョ招聘報道に思う〜




 

ホームでの敗戦から一夜明けた昨日。

ニッカンスポーツにて今期、レイソルの監督を退任する事が決まっているネルシーニョ監督の来季招聘についての報道がありました。

 


神戸
が来季の新監督最有力候補に柏のネルシーニョ監督(64)を挙げていることが5日、分かった。複数の関係者によると、すでに水面下で接触し、今後本格的な交渉に入る模様だ。

神戸は今季、前半戦で一時は首位に立つも徐々に後退。現在は首位浦和と勝ち点16差で、逆転優勝は厳しくなった。西野朗前監督(現名古屋監督)の後を受けた安達亮監督(45)は、今季限りでの退任が既定路線。初タイトルを目指すチームは後任の人選に着手しており、経験豊富な外国人指揮官に白羽の矢が立った。

ネルシーニョ氏は09年7月に柏の監督に就任。同年はJ2に降格も、1年でJ1に復帰すると史上初の昇格初年度でリーグ制覇。12年度天皇杯優勝、13年ナビスコ杯優勝と3季連続で国内主要3タイトルを獲得した。9月17日に今季限りでの退任を発表も「また日本で仕事がしたいと強く思っている。オファーをすべて聞いて、最善の道を見つけたい」と国内での続投を希望しており、交渉は順調に進むと思われる。

柏にはブラジルからピメンテウ・フィジカルコーチ、アレックスGKコーチを連れてきており、腹心の就任も含め交渉が進められる模様。09年に柏でフィジカルコーチを務めた息子のエドワルド氏が入閣する可能性も浮上している。

 

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20141006-1378067.html

報道の信憑性レベルで言うと最低ランクな記事ではありますが笑。

安達監督は限界か。

今期の目標はズバリ、タイトル獲得でした。

しかし、リーグ戦において中位に沈んでしまい優勝争いの戦線からは脱落してしまいました。

ナビスコ杯ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出は決めたものの

準々決勝にて宿敵ガンバに屈辱的な大敗を喫した上での敗戦。

天皇杯については・・・記憶がありません。出場していましたでしょうか笑

 

今シーズンの陣容においてここまでの成績をあげている事に関しては次第点ではあります。

しかし、タイトル獲得を目指して編成しているのであれば落第点でしょう。

そういった点で高橋強化部長は判断を下す事になります。

そんな中で実績のある監督が市場に出てきたわけです。

Jリーグでの優勝経験があり、実績のある外国籍監督です。

手が出ないわけがないというところでしょうか。

早期の残留決定は初。様々な動きに期待。

ヴィッセル神戸はもう残留は決定的でしょう。

残り7試合といった場面での残留決定。

来季以降への編成に関してはこれまでにない経験をする事が出来ます。

多クラブでの契約切れの選手に対して積極的に声をかけ、ビジョンを提示した上で獲得交渉に臨む事が出来ます。

国内において優秀な日本人選手を獲得する事は大切であります。

そういった点で強化部の動きに期待したいところです。