森岡が海外移籍!?ついに出てしまったか・・・動向を見守りましょう




こんな季節になりましたね。我らがヴィッセル神戸のファンタジスタ、森岡の海外移籍報道が出ました。

具体的にどこかの国のクラブからオファーがある段階ではないようですが、本人は海外移籍を模索しているようです。

 元日本代表の神戸MF森岡亮太(24)が、今冬の欧州移籍を目指していることが9日までに分かった。Jリーグのクラブ関係者の話を総合すると、複数の国内クラブがすでに獲得オファーを出しているが、各クラブは森岡の海外志向が強いとみて、推移を見守っている状況だという。

国内で森岡へオファーを出しているのは、パスサッカーを掲げ、森岡のプレーと相性の良さそうな柏や川崎Fなど。現在所属している神戸もネルシーニョ監督が柏を指揮していた時代から森岡を評価しており、残留を希望している。森岡は本気で欧州への移籍を検討しているとみられ、獲得に乗り出しているクラブは、欧州各国の移籍期間が終了する来年1月まで、やきもきすることになりそうだ。

京都・久御山高出身の森岡は10年から神戸でプレー。13年から背番10を背負い、14年は34試合で4得点をマーク。今季は第1、第2ステージ合わせてリーグ戦29試合に出場し、4点を挙げている。14年8月にはアギーレ前監督のもと日本代表に初選出され、同10月14日のブラジル戦では先発して45分間プレーした。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1564125.html

スクリーンショット 2015-11-10 9.37.11

入団の経緯

森岡について振り返ってみると、数奇な出会いだった事がわかりますよね。

久御山高校時代から司令塔として名を馳せていた、森岡は関西の複数クラブからオファーを受けていました。

攻撃的な選手である森岡からすれば、創造性をいかんなく発揮できるクラブに進む選択肢もありました。

しかし、森岡が選択したのはヴィッセル神戸でした。

自身に足りないスキルが守備面であると真摯に受け止めて、当時堅守速攻型のクラブだった神戸に進んで、守備を極める決意をしました。

当時から守備面が向上したかどうかは置いておくとして、運動量などは増えた印象があります。

1年目から出場機会を得ると、終盤で疲れた相手をサイドからドリブルで抜いて突破する姿を披露しました。

奇跡の残留となった1年目の最終戦では、森岡の突破から小川がゴールを決めるなど感動のシーンを目の当たりにしたこともありましたね。

過去にはセレッソからのオファーも

その後、怪我もありなかなかスタメンに定着できない日々もありました。

出会った指揮官に適正なポジションで起用されずに2トップの一角として起用された事もありました。

森岡にとって転機になったのは、J2で過ごした1年でした。2013年後半から森岡をトップ下に置く森岡システムを採用した神戸は快進撃を遂げました。

創造性のあるパスを前線に供給するだけでなく、自らも相手を剥がすドリブルでチャンスを創出しました。

その年のオフだったと思いますが、セレッソからのオファーもありました。

残留した森岡は、J1でもトップ下としての能力をいかんなく発揮したことで、初のフル代表にも選出されました。

ブラジル代表との試合にも出場する機会を得ました。

そして、今季は名将ネルシーニョの元で、ボランチはサイドのポジションで起用されながら揉まれました。

正直いって、本来の能力を出せなかった1年だったとは思いますが、直近2試合で見せた能力と勝ちたちという気持ちに揺さぶられた人も多いのではないでしょうか。

本人の希望を尊重し、応援する気持ちを持ちたい

さて、森岡は以前から海外移籍の希望を持っていた事が容易に想像出来ます。

スペインでプレーしたいとインタビューに答えていたような記憶もあります。

であれば、23歳ということで年齢的もチャンスとなるでしょう。

ドイツなどの2部リーグからスタートさせることも良いと思います。国内移籍は嬉しくないですが、海外移籍なら自信を持って、ヨーロッパで活躍してほしい。

絶対応援に行きたいですね!

寂しい気持ちもありますが、もしヨーロッパで活躍する森岡がすぽるとなどで流れれば鼻高々な気持ちになるでしょう。

動向を見守りましょう。