残留力との対戦〜大宮戦〜

スポンサーリンク

 

水曜日に開催された鹿島戦からわずか中三日でホームゲームがやってきます。

今節の相手は大宮アルディージャ

前回の対戦では森岡のミドルなどで勝ちましたが、今の大宮はひと味違います。

 

残留力

大宮と言えば降格ラインのラインコントローラーと言われるほど

毎年、降格争いを演じながらも落ちないことで有名です。

実際、過去何年かの最後7節の戦績を見ると

ほとんど負けてないことが分かっています。

秋の大宮はもはや季語のレベルに達しているのです。

そんな中、今節は大宮との対戦。

中三日でホーム連戦の神戸のほうがわずかに有利かもしれませんが

秋の大宮相手ならあまり関係ないでしょう。

 

押し込まれても我慢出来るか。

大宮は強力な外国人トップと泉澤などが仕掛ける展開がいまの攻めの形と思われます。

押し込まれてしまう展開も予想されます。

 

そこで、耐えてカウンターへとつなげることが出来るのかが大切になってくるでしょう。

小川のロングランを活かしたカウンター攻撃を仕掛ける事ができるのか。

走ってきた選手に対して絶妙なパスを供給できるのかが鍵になりそうです。

 

マルキーニョスの残留報道

今日の新聞報道でマルキーニョスの来季残留報道が出ましたね。

夏場は稼働率が下がりますが、最近また調子を戻しているイメージです。

ゴール前での落ち着きはやはりリーグトップクラスであり、欠かせない戦力でしょう。

年齢の部分は確かに気になりますが、そこはしっかりとケアしてくれると信じています。

来年もマルキのゴールに期待しましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。