毎年恒例!J1昇格プレーオフ非公式煽りPVと共に展望を語る!

スポンサーリンク

さて、今年のJリーグも佳境に入ってきましたね。

我らがヴィッセル神戸のリーグ戦は終了しましたが、今年はなんと天皇杯が残っているため年末まで戦いは続きます。

ですが、その間1ヶ月もの間が空くことになります。

その空白の期間に開催されるのが、毎年恒例となってきたJ1昇格プレーオフです。

プレーオフ前に恒例となっているのが、YouTubeにアップされる非公式煽りPVです。

昨年のブログでも取り上げましたが、かなりクオリティの高い動画となっています。

今年もその動画をご紹介すると同時に、今年は関西を舞台に行われるプレーオフについて見ていきましょう!

image

煽りPVをまずは見て!

百聞は一見に如かず

まぁ、まずは見てください笑

毎年のようにびっくり枠というか、普通では昇格候補に上がらないクラブがプレーオフに入ってくるのが面白いところではあります。

今年はシーズン前には不正会計問題で揺れた愛媛FCが初めてのプレーオフ進出を果たしました。

長崎もJ2参入初年度以来の参戦となります。

さて、まずは動画をどうぞ。

第3位 アビスパ福岡

第3位となったのは、後半戦を怒涛の連勝で駆け抜けたアビスパ福岡。

優勝した大宮と最後の最後まで競り合った磐田と昇格争い繰り広げました。

上位3クラブと4位のセレッソとの間には大きな勝ち点差が開いています。

例年3位のクラブが昇格できていませんが、今年は大本命でしょう。

勢いという面からみても福岡が圧倒的に勢いを持っています。

強固な守備とウエリントンを中心としたシンプルでありながら、圧力のある攻撃を展開しています。

城後や坂田などベテラン勢も元気です。加えて、金森や亀川などの若手が成長してスタメンを張っています。

何より他のクラブと違うのは中村航輔の存在でしょう。

今季、柏レイソルからレンタル移籍をしてきた若干二十歳の守護神は、その若さを感じさせないスーパーセーブを連発しています。

昔から優秀なGKとして有名ではありましたが、その神がかったセーブの連発には震えるレベルです。

キックも悪くなく、足元も安定しています。若い守護神を支えるDF陣との関係性も問題ない。

第1戦となる準決勝はホームで戦うことができます。昔のような閑散としたレベルファイブスタジアムではありません。満員の雰囲気で後押しするその力を借りて、いつも通りの戦いを展開するだけでしょう。

第4位 セレッソ大阪

なんとか4位で滑り込んだのはセレッソ大阪。

フォルランとカカウを保有しながら、この成績となってしまいました。

シーズン途中でその2大大砲を退団させて、田代と玉田を中心とした国内組で戦うことで再浮上を目指しましたが、次に待っていたのは内紛です。

アウトゥオリ監督に対する不満が根強くなり、内紛が発生。

J2はバラバラの陣容で戦えるほど甘くありません。

シーズン終盤はあっけなく失点してしまう、攻撃は淡白、そんな試合が続きました。

サポーターの後押しも得られない、見るに堪えないブーイングなどJ2を戦う資格がないとしか言いようがない始末でした。

最後の一手は監督解任。

大熊監督を起用してチーム一丸を無理やり醸成しました。

やり方は間違っていないとは思いますが、解任ブーストで昇格までいけるのか、福岡相手に戦えるのか、そもそも愛媛相手に耐えることができるのか・・・。

考えるだけで不安だらけです。神戸サポとしては近くの遠征が増えるのは悪くありませんし、頑張って欲しいようななんとも言えない感覚ですね。

第5位 愛媛FC

シーズン前の不祥事を乗り越えた愛媛FCが第5位と大躍進!

これはびっくりしました。

愛媛FCがするすると勝ち点を積み重ねて5位でフィニッシュ。

監督はヴィッセル神戸でおなじみ木山監督。神戸で去年までヘッドコーチを務めていました。

今年から愛媛の監督に就任。

正直、どういったスタイルで勝ち上がってきたのかイメージがないんですが、えなりこと河原や瀬沼を中心とした攻撃陣が好調なイメージがあります。

タイプは違うものの、個性的な攻撃陣を支えるのが派手さはないものの堅実な中盤でしょうか。

早稲田大学から獲得した近藤や湘南からのレンタルである白井、その他内田健太などもいます。

レンタル組が多い愛媛、清水からはなんと4人もレンタル移籍をしています。

よそ者集団だと思いますか?そんな雰囲気は微塵も感じさせません。

セレッソのほうがよっぽどよそ者集団っぽい

一平くんが盛り上げるゴール裏の一体感も思った以上です!

第6位 V・ファーレン長崎

最後の1枠に滑り込んだのはV・ファーレン長崎でした。

セレッソのホーム戦で勝って勢いに乗りました。

高木琢也監督率いるハードワーク集団は、そのレベルを少しずつ上げています。

目立った選手はいないですが、イヨンジェを中心とした攻撃は迫力があります。

10人のアウェイ、ヴェルディ戦で勝ち切った試合などは注目に値します。

今年でプレーオフは2回目の経験となります。

前回は京都相手に勝たなければならない展開で引き分けとなりました。今年も福岡に勝たなければならない試合となります。

前回よりもハードルは上がっていますが、クラブの力も上がっているでしょう。

管理人の予想は?

さて、プレーオフに参戦する4クラブを簡単に見てきました。

昇格予想は・・・オォォォォォォ

アビスパ福岡!!!

いや、もうこれは鉄板ですけど今年はアビスパしかないでしょう。

というかこれでアビスパが上がれなかったら、申し訳ない笑

それくらい圧倒的に強いです。順当に進んだ決勝でセレッソ相手にどう戦うかが焦点になりますが、まぁ2分でも昇格出来るという強みはやっぱり変わらないと思います。

硬い守備でうっちゃるような戦力を保持しているので、有利であることは間違いない。

私は、1回戦はどちらかのゴール裏で決勝はJチケシートで観戦する予定です。

私たちも存分に楽しみましょう!

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ブログ主様、大変です!!
    なんと、ShodowPictures様の作った
    「2015年プレーオフ煽り動画」が
    Youtubeから削除されています!!
    削除したのは「jleague」さん、つまり、Jリーグです!!

    Jリーグは非公式煽り動画に匹敵するものを作る努力もせず
    挙句には削除までしてきました!!
    もう、こんなのひどすぎです!
    サポーターが何に熱い思いを持ってJリーグを応援しているのか、
    Jリーグ自身が全然わかっていません!!

    • コメントありがとうございます。

      その通りですね。
      Jリーグは新規サポーター獲得を模索しているはずなのですが、意志が統一されていないようにも思えます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。