河本・大屋に大宮からオファー。生え抜き組が移籍か?




ここ最近、加入のニュースばかりが取りざたされていましたが、ここで放出系のニュースが出てきました。

J2に降格する大宮から河本と大屋へオファーが届いているようです。

 来季からJ2に降格する大宮が神戸のDF河本裕之(29)とMF大屋翼(28)、J2京都のMF横谷繁(27)に獲得オファーを出したことが26日、分かった。

河本は2012年8月から約5カ月、大宮に期限付き移籍していた。菊地とセンターバックを組んで同年のJ1残留に大きく貢献。堅実なプレーでチームメートの信頼も厚かった。だが、J2降格(当時)した神戸に戻り、今季は21試合に出場して2得点を挙げた。

交渉がまとまれば3季ぶりにオレンジのユニホームに袖を通すことになる。普段は物静かだがピッチでは闘争心をあわらにし、1年でJ1復帰を目指すチームにとって好影響を与えるだろう。

大屋はボランチやサイドバック、センターバックもこなす守備的選手。足元の技術に長け、攻撃の起点としての期待も高い。今季は12試合に出場して無得点。横谷は家長のG大阪ユース時代の後輩で主戦場はボランチ。今季は24試合出場で無得点だった。2人とも移籍に前向きとみられる。

 一方、DF高橋祥平(23)は神戸、FW長谷川悠(27)はJ2降格が決まった徳島、DF中村北斗(29)はJ2福岡への移籍が、それぞれ濃厚になった。

 13年に加入した高橋は今季、チームで唯一の全34試合に出場。守備の中心ながらチーム3位タイの6得点をマークした。3年目の長谷川は今季、2トップのムルジャとズラタンの控えに回ることが多く、17試合出場で2得点。今季加入の中村は右サイドバックが本職だが終盤は左サイドバックで定位置を獲得。20試合に出場(無得点)した。

レンタル移籍していた河本

河本は神戸がJ2に降格した2012年に大宮へレンタル移籍をしていました。神戸で出場機会を失っていましたが、大宮でレギュラーとして活躍し残留の大きな要因となっていました。

翌年は神戸で戦う事を決意し、復帰しましたがその大宮から今年は完全移籍のオファーが届いてるようです。

河本は今期、出場機会に恵まれない日々も続いていました。増川の積極起用が目立ち、河本の起用が見送られる日々もありました。

しかし、滝川第二高校出身であり生え抜きの河本を移籍させる事はクラブとして1つの大きな財産を失うことになると思います。

この記事では河本が前向きであるというニュアンスはありませんが、プロとして出場機会を求める事も理解出来ます。

河本の決断を待ちましょう。

アウェイマーチ担当

その陽気な性格でクラブのムードメーカーを担ってきた大屋。プレーでもボランチやサイドバックなどを非凡にこなせるため、クラブにいて欲しい存在である事は間違いありません。

しかし、ぽか癖もありコンスタントに出場機会を得られるかと言われると難しい部分もあります。時折みせるセンスあふれるパスは光るものがあるんですが・・・。

いかんせん守備面での課題が大きいですね。

そんな大屋にも大宮からオファーが届いています。こちらはオファーに前向きという事です。やはり出場機会を得られる可能性とJ2とは言え、資金潤沢な大宮なら条件面でも神戸と変わらないのかもしれません。

移籍となれば寂しいですが、レギュラーとして輝く大屋が見たい事も事実です。

こちらも正式発表を待ちましょう。

こっそり確定の高橋

こちらはこっそりと高橋の神戸移籍が決定的と書かれています。

まだ若いですし、ネルシーニョの元で精神的にも磨き直してもらって日本代表を目指す選手になってほしいですね。

138287586996153473227