神戸が扇原・家長にオファー?

スポンサーリンク

連日、スポーツ新聞の紙面をにぎわす主役。ヴィッセル神戸です。笑

今日はなんと一面をかざりました!。その記事はこちらです。

 Jリーグ神戸が来季の新戦力として、元日本代表の大宮MF家長昭博(28)と、C大阪MF扇原貴宏(23)のダブル獲得に動いていることが6日、分かった。来季新監督には元C大阪で、ブラジルの強豪アトレチコ・ミネイロを率いるレビークルピ監督(61)の就任が確実。「クルピチルドレン」らの超大型補強で、クラブ史上初のタイトルに狙いを定める。

神戸が、過去に例のないほどの超大型補強に乗り出した。元日本代表でスペイン1部マジョルカでもプレーした天才司令塔のMF家長と、アギーレジャパン入りを経験した将来有望なMF扇原のダブル獲得に乗り出していることが判明した。川崎FのFW大久保嘉人(32)にも3季ぶりの復帰オファーを出し、1億円超の条件を提示済み。大久保の移籍実現性は低いとはいえ、代表クラスをズラリとそろえ、来季J1の台風の目になる考えだ。

まさに「クルピチルドレン」の編成になる。家長は10年にクルピ監督が率いたC大阪に在籍。MF香川がシーズン途中でドルトムントに移籍しながらも、MF乾(現フランクフルト)らとともに不動の主力として優勝争いを繰り広げた。扇原もC大阪ユースからの生え抜きとして、同年にトップ昇格。クルピイズムを体現する選手として、12年ロンドン五輪代表からA代表へと、着実にステップアップしている。

既に、水面下で家長と扇原サイドには獲得を打診している模様だ。今後は年俸など、条件面の詳細な交渉が行われる方向になる。関係者は「神戸は積極的に選手獲得に動いている。成功すれば、かなりの補強になるはず」と説明。家長が在籍する大宮はJ2降格圏の16位、扇原のC大阪も17位に低迷する。所属クラブがJ2降格となれば、神戸側に優位に働き、交渉は一気に進展する可能性も出てくる。

神戸は今季、一時は首位に立ちながらじりじりと順位を落として現在9位。A代表入りした23歳のMF森岡や、20歳のDF岩波ら将来有望な選手に加え、得点王争いをする今季14点のFWマルキーニョス、13点のペドロ・ジュニオールらJ1屈指の強力助っ人もいる。現有戦力に家長&扇原が融合すれば、優勝候補に挙がるほどの布陣になる。

来季こそ、クラブ史上初のタイトルと、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得へ、日本で実績あるブラジル人監督を招聘(しょうへい)。さらには、大物選手の補強にまで乗り出した。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20141107-1392874.html

これまでの報道と異なり、指揮官が元セレッソ大阪のクルピへと方向転換しています。しかし、ブラジル人監督でありJリーグでの実績は抜群です。香川や清武など多くの日本代表を育ててきました。

そんな中、クルピ監督の元でプレーした両名にオファーとの記事が出てきました。

ボランチの選手層

扇原がプレーするボランチの選手層はどうでしょうか。基本的な組み合わせはウヨンとシンプでした。しかし、中断前にシンプが怪我をしてしまった際は大屋や橋本が起用されました。

中断あけの夏場はシンプの稼働率が著しく低下してしまいました。それこそ、年俸に見合う活躍をしたかと言われると疑問符がつきます。ウヨンがずっと稼働していますが、来年も神戸にいるとは限りませんし怪我をする可能性もあります。

そういった点で、現状の神戸においてボランチの層は非常に薄いと考えられます。

若い扇原の獲得は攻撃的なボランチの獲得となりますし、多くの攻撃タレントを抱える神戸にとっては魅力的な選手ですね。

家長の必要性。

家長がプレーするエリアは攻撃的なポジションです。特に2列目でプレーする事が多いです。現在、神戸は森岡やペドロ、小川などがプレーするエリアですが、家長は必要でしょうか。

テクニックあふれるドリブルや強烈なシュートなどが魅力的な選手ではありますが、守備面で不安があります。

神戸は同時に大久保へのオファーも展開しています。攻撃的なタレントは多く居て困る事はありませんが、攻撃に偏りすぎて守備が崩壊してしまうことはさけなければなりません。

 

神戸の季節はこれからだ!笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。