神戸空港のラウンジ「ラウンジ神戸」の場所と利用方法




神戸の玄関口である神戸空港。

空港内にあるラウンジが「ラウンジ神戸」です。

国内線であってもラウンジがあれば何かと利用することになります。

場所と利用方法をまとめます。

img_6463-min

ラウンジ神戸の場所

ラウンジ神戸は神戸空港の保安検査場を通過したエリアにあります。

空港に到着後はチケットの発券や荷物の預け入れを行い、保安検査の通過が必要です。

全ての手続きが終わり、あとは搭乗するだけの段階で利用することができます。

保安検査場を通過した後、左折してすぐのところにあります。

神戸空港の搭乗エリアは広くありません。

東西に50mほどの広さですので、迷うことなくラウンジ神戸までたどり着くことができます。

ラウンジ神戸の利用方法

ラウンジ神戸の入り口は落ち着いた雰囲気となっています。

入り口には利用に関する掲示が出ています。

img_6464-min

営業時間は午前6時半から。

営業開始と同時に入場するとクリームパンを無料で配布しています。

個数限定ですので、朝一の便を利用するときはパンを受け取りにラウンジへ足を運びましょう。

自動ドアが開くと、すぐに受付があり綺麗なお姉さんが待っています。

カード利用の場合はカードを提示し、ボーディングパスを提示しましょう。

ゴールドカードを保有していない場合の利用料は税込みで1,030円となります。

ソフトドリンクやコーヒーは無料で飲み放題となります。

その他、別途有料ドリンクとしてアルコール類も用意されています。

ラウンジ神戸の様子は

室内の様子をご紹介します。

黒を基調としており、落ち着いた雰囲気です。

img_6465-min

座席は通路左側に3席向かい合わせが3列で合計18席。

右側に2席向かい合わせが3列で12席となっています。

反対側のエリアに喫煙ルームとビジネスシートが2席用意されています。

img_6467-min

お手洗いはこのビジネスシートの右隣に用意されています。

フリードリンクのエリアはこちら。

img_6466-min

定番のソフトドリンクに加えて、コーヒーや紅茶を楽しめるエスプレッソマシンも用意されています。

小さいながらも充実した設備と言えるとでしょう。

まとめ

地方空港ながら中心市街地から近い神戸空港。

運営権売却に向けた手続きも進められており、規制緩和で更なる有効活用も期待されます。

これまで以上に神戸空港を利用する人が増えることが予想されます。

オシャレなイメージが定着した神戸らしいこじんまりながらもスタイリッシュなラウンジ神戸をぜひご利用ください。