移籍加入:伊野波雅彦選手 帰ってきた伊野波!わたしはただ応援するのみです!




ヴィッセル神戸に大きな戦力が加入しました。

2012年シーズンにプレーしていた伊野波選手が帰ってきました。

この年は選手同士が噛み合わずに、J2へと降格してしまいました。その後、移籍してしまったためにいいイメージがない人も多いようですが、それを承知の上で帰ってきてくれました。

ボランチ、サイドバック、センターバックをこなせる守備のユーティリティは大きな戦力になります。

DF伊野波雅彦選手 加入決定のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸にDF伊野波雅彦選手(30)が加入する事が決まりましたので、お知らせいたします。

伊野波 雅彦(Masahiko INOHA)

■生年月日:1985年8月28日(30歳)

■身長/体重:179cm/75kg

■ポジション:DF

■出身地:宮崎県宮崎市

■背番号:39

■チーム歴:宮崎東サッカースポーツ少年団→生目台中学校(1998〜2000/宮崎)→鹿児島実業高校(2001〜2003)→阪南大学(2004〜2005)→FC東京(2006〜2007)→鹿島アントラーズ(2008〜2011.6)→ハイデュク・スプリト(2011.7〜2012.1/クロアチア)→ヴィッセル神戸(2012)→ジュビロ磐田(2013〜2015)

■出場歴:
J1リーグ通算/リーグ戦191試合出場4得点、リーグカップ戦19試合0得点、天皇杯13試合出場0得点
J2リーグ通算/リーグ戦57試合出場2得点、天皇杯1試合出場0得点
クロアチアリーグ通算/リーグ戦15試合出場1得点、リーグカップ戦3試合出場0得点
※2015シーズン出場歴/J2リーグ戦32試合出場1得点、天皇杯出場なし

■その他公式戦出場記録:
アジアチャンピオンズリーグ/16試合出場0得点(2008〜2011/鹿島)
ゼロックススーパーカップ/1試合出場0得点(2011/鹿島)
ヨーロッパリーグ/1試合出場0得点(2011/ハイデュク・スプリト)

■代表歴:
U-20日本代表(2005 ※FIFAワールドユース選手権)
U-22日本代表(2007)
U-23日本代表(2008)
日本代表(2006、2007、2011、2012、2013、2014 ※FIFAワールドカップ)
※国際Aマッチ21試合出場1得点

■伊野波選手コメント:
「この度、再びヴィッセル神戸でお世話になることになりました。

昨年、シーズン終了と同時にジュビロ磐田から戦力外通告を受け、国内外の様々チームと移籍の交渉を進めてきました。この間、考える期間が長かったため、このままサッカーを辞めることを考えたこともありました。色々な思いを巡らす中で、常に頭の中に神戸でやり残してきた思いがありました。2012年のシーズン終了後、チームがJ2降格となったタイミングで移籍し、神戸では何も成し遂げられなかったと思っていました。

今回、色々な方の尽力により、再びヴィッセル神戸でプレー出来るチャンスをいただき、J1の舞台で戦う環境をいただきました。本当に感謝しております。同時に、神戸でやり残してきた思いを成し遂げるチャンスをいただけたと思っています。

ファン・サポーターの皆様に、今の自分の思いを理解していただくためには、自分のプレーと結果で表現するしかないと思っています。2016シーズン、全身全霊でチームのため、神戸のために、全てをかけてプレーしたいと思います。どうか見ていてください。よろしくお願いします」

 ともに戦おうではないですか!

もちろん、スタートから大歓迎する必要はないかもしれません。

人それぞれの感情や価値観があります。

ですが、完全拒否をする人は本当にヴィッセル神戸を応援しているんでしょうか?

「神戸のことを考えているんだから、こんな選手はいらない」なんて言う自己満足な考え方の人はサポーターをやめたらいかがですか?

神戸でプレーしたい、プレーする決意をした選手を後押しすればいいだけの話でしょう。

ただただ文句を言うだけなら赤ちゃんでも出来ます。

伊野波もそれを分かった上で帰ってきているはずです。

ネルシーニョはチームの輪を崩す選手を追放することは去年をみれば分かることです。

最初から三顧の礼で迎えなくても良いと思います。伊野波選手が良いプレーを続けて信頼を勝ち取ればいいのです。

今季は伊野波選手の活躍も見逃せませんね!