移籍加入:藤田直之選手 ロングスローを持つ代表経験者の待望ボランチ補強!

スポンサーリンク

昨日に引き続き、移籍情報が出ました。

待望のボランチ補強となります。

国内のボランチ市況はかなりの需要過多となっていますが、なんとか代表クラスの選手を確保しました。

これは強化部の実績として申し分ないですね!

藤田選手はロングスローの名手としても知られています。来季はロングスローからの得点も期待しましょう!

サガン鳥栖よりMF藤田直之選手 完全移籍加入決定のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸では2016シーズンの新戦力として、サガン鳥栖よりMF藤田直之選手(28)が、完全移籍にて加入することが決まりましたのでお知らせいたします。

藤田 直之(Naoyuki FUJITA)

■生年月日:1987年6月22日(28歳)

■身長/体重:175cm/68kg

■ポジション:MF

■出身地:福岡県

■チーム歴:鯰田FC→ライジングスターズ→東海大第五高→福岡大→サガン鳥栖(2010~2015)

■代表歴:2015年日本代表(東アジアカップ2015)

■出場歴:
[J1リーグ通算]リーグ戦127試合出場9得点/リーグカップ戦13試合出場0得点/天皇杯11試合出場0得点
[J2リーグ通算]リーグ戦55試合出場4得点/天皇杯1試合1得点

2015シーズン:J1リーグ戦31試合0得点/リーグカップ戦3試合出場0得点/天皇杯3試合0得点

■藤田直之選手コメント:
「2016年よりヴィッセル神戸でプレーさせて頂く事になりました。ヴィッセル神戸のために全身全霊をかけて闘います。素晴らしいシーズンにしましょう。宜しくお願いします」

鳥栖の心臓を確保

藤田選手は福岡大学を卒業後に鳥栖へ入団。

その後、鳥栖一筋でプレーしてきました。

今季は、夏に開催された東アジア選手権で初めてのフル代表に選出されるなど成長著しいボランチです。

正確なロングボールを供給出来るなど、正にボランチらしいボランチとして活躍しています。

中堅で脂が乗ってきた、これくらいの世代の選手を獲得出来るのはヴィッセル神戸としてもかなり嬉しいですね。

これまでであれば声をかけても振られることが多くありましたが、ネルシーニョ監督のもとで一貫したヴィジョンを示せているのかもしれません。

藤田選手の武器の1つに『ロングスロー』があります。

神戸は昔からスローイングが下手だなぁと思っていましたが、来季は藤田選手のロングスローが武器の1つとなるかもしれません。

中央にはレアンドロや渡辺など頭でも得点が狙える選手がいます。

圧倒的な上背がなくても、ボールに対して『手』で変化をつけられるのは非常に魅力的です。

来季の藤田選手に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。