移籍対談:チョンウヨン選手 残念ですが、また会える日まで

スポンサーリンク

本日、昨季キャプテンを務めたチョン・ウヨン選手の移籍が発表されました。

移籍先は中国リーグの重慶力帆と発表されています。

大黒柱だったウヨンを失うのは大きな痛手ですが、彼の人生の選択を応援してあげましょう!

退団コメントも非常に胸が熱くなるコメントとなっています。

MFチョン ウヨン選手 重慶力帆FC(中国)へ完全移籍のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸MFチョン ウヨン選手(26)が、2016シーズンより中国・スーパーリーグ(1部)、重慶力帆FCに完全移籍することが決まりましたのでお知らせいたします。

チョン ウヨン(JUNG Woo Young)

■生年月日:1989年12月14日(26歳)
■身長/体重:186cm/78kg
■ポジション:MF
■出身地:大韓民国 蔚山広域市
■チーム歴:蔚山鶴城高(2005~2007/韓国)→慶熙大学(2008~2010/韓国)→京都サンガF.C.(2011~2012)→ジュビロ磐田(2013)→ヴィッセル神戸(2014~2015)
■出場歴:
・J1リーグ戦78試合出場試合3得点、リーグカップ戦19試合出場2得点、天皇杯2試合出場0得点
・J2リーグ戦 64試合出場2得点、天皇杯6試合出場0得点
※2015シーズン J1リーグ戦32試合出場0得点、リーグカップ戦6試合出場1得点、天皇杯出場なし

■代表歴:U-22韓国代表(2012)※ロンドンオリンピック2012出場(第3位)、韓国代表(2014~2015)
※韓国代表出場試合数:国際Aマッチ10試合出場0得点

■チョンウヨン選手コメント:
「サポーターの皆さんこんにちは。まず、このようなコメントをすることになり本当に申し訳なく思います。
大学生活中に移ってきた日本でのプロ生活5年間。色々なことがありましたが、神戸での2年間は本当に楽しかったですし、学ぶ事の多いとても良い時間でした。
そして、また新たな環境で挑戦しようと思います。
ヴィッセル神戸は僕にとって、あまりにも多くのものを与えてくれたチームです。皆様が、僕にくださった情熱や応援は絶対に忘れる事はできません。これからもずっとヴィッセル神戸を応援します。いつかまた神戸に戻り、ノエスタのピッチに立ちたいです。これが最後では無く、また笑顔で会えると良いと思います。今まで本当にありがとうございます」

大きな戦力ダウンは避けられません!

コメントにもある通り、在籍していた2年間の活躍は感謝の言葉しかありません。

下馬評では評価が高かったとは言い切れませんが、神戸に来てからは大車輪の活躍でした。

年齢も26歳と、稼ぎ時な年齢ですから圧倒的な給与水準を誇る中国リーグに移籍することは彼の人生においては大きな決断だったと思います。

韓国代表でもレギュラーを獲得するなど、大きく成長しているウヨンの活躍はこれからも様々なところで目にする事になるでしょう。

ウヨンは俺たちが育てた!

と胸を張って、送り出してまた帰ってきてくれるのであればみんなで温かく迎えましょう!

戦力的にはかなり大きなダウンになるので、来季が心配になってきました。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。