移籍放出:安田理大選手 さようならまた会う日まで

スポンサーリンク

大晦日に発表がありました。

今季、移籍加入した安田選手が名古屋へと完全移籍となりました。

今年は、怪我もありなかなか活躍する姿が見れませんでした。

この状況で移籍するという事で、あまり良い気分にはなりませんね。

DF安田理大選手 名古屋グランパスへ完全移籍のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸DF安田理大選手(28)が、名古屋グランパスに完全移籍することが決まりましたのでお知らせいたします。

 

安田 理大(Michihiro YASUDA)

■生年月日:1987年12月20日(28歳)

■身長/体重:173cm/75kg

■ポジション:DF

■出身地:大阪府

■チーム歴:

ガンバ大阪ジュニア(1997~1999)→ガンバ大阪ジュニアユース(2000~2002)→ガンバ大阪ユース(2003~2005/吹田東高校)→ガンバ大阪(2006~2010)→フィテッセ(オランダ/2011~2013)→ジュビロ磐田(2013.9~2013.12)→サガン鳥栖(2014)→ヴィッセル神戸(2015)

■出場歴:

・J1リーグ通算:リーグ戦163試合出場2得点/リーグカップ戦25試合出場2得点/天皇杯21試合出場0得点/アジアチャンピオンズリーグ23試合出場4得点

・オランダリーグ通算:リーグ戦45試合0得点/リーグカップ戦6試合出場0得点

※2015シーズン:J1リーグ戦12試合出場0得点/リーグカップ戦6試合出場0得点/天皇杯2試合出場0得点

■その他の出場記録:

2007年 ゼロックススーパーカップ1試合出場0得点

2008年 FIFAクラブワールドカップ3試合出場0得点

2009年 ゼロックススーパーカップ1試合出場0得点

2010年 ゼロックススーパーカップ1試合出場0得点

2012年 UEFAヨーロッパリーグ 2012-13 予選 3試合0得点、エールディヴィジ プレーオフ 1試合0得点

■代表歴:

U-15日本代表(2002)、U-16日本代表(2003)、U-17日本代表(2004)、U-18日本代表(2005)、U-19日本代表(2006)

U-20日本代表(2007)

・2007年 FIFA U-20ワールドカップカナダ大会出場

U-22日本代表(2008)

・2008年 北京オリンピック出場

日本代表(2008~2011)

・2008年 東アジア選手権出場

※国際Aマッチ7試合出場1得点

 

■安田選手コメント:

「ヴィッセル神戸サポーターの皆さん、一年という短い間でしたがありがとうございました。ヴィッセル神戸創設から20年、阪神淡路大震災から20年という神戸の街にとって特別な年にプレーが出来てよかったです。怪我が多くなかなか思うようなパフォーマンスを見せることが出来なくてごめんなさい。どんなときも支えてくれたヴィッセルサポーター、そして神戸の街には心から感謝しています。対戦相手にはなりますが、来シーズンヴィッセル神戸と戦えることを楽しみにしています。本当にありがとうございました。」

はっきり言って信じられない

移籍加入して1年。

まさか他のクラブへ移籍しているとは・・・。

大きな期待を受けて加入した1年でしたが、通年で怪我がちでした。

コンディションが整わないのか、クロスの質も低かった印象があります。

最終盤ではアシストも記録しましたが、一時期は山口を起用しなければならなくなるほどけが人が続出したサイドの選手の中で獅子奮迅の活躍をしてほしかったところです。

まぁ、サッカー界はこういったものですよね。

精一杯ブーイングさせていただきます。

名古屋でせいぜい頑張ってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。