高卒世代の試合経験が大切であることを痛感した試合。

スポンサーリンク

昨日、ミャンマーにてU-19アジア選手権が始まりました。

日本は中国・ベトナム・韓国との死のグループに入りました。

代表ではヴィッセルの吉丸が入っています。他にはセレッソの南野やレッズの関根、エスパルスの金子などが名を連ねています。

Jリーグでのプレー経験が多い選手を多数選出しているこの世代。3大会連続でW杯を逃しているので今大会は必ずベスト4へと入りたいところ。

死のグループであることから初戦の中国戦で必ず勝ち点3を獲得する事が突破への鍵となる。

決定力不足だけで片付けていいのか。

結果は開始早々のPKと後半に与えたFKを直接決められた失点によって2−1で敗戦。

大事な初戦を落とした日本は次節のベトナム戦。そして最終戦である韓国戦での勝利が必然となった。

 

試合は、開始早々に動いた。広島の川辺が相手ドリブルに対してPA内で手を使って倒してしまいPKを献上。

守備の枚数もそろっていた中で不必要なファールを犯してしまう。

こういった場面からもこの世代の試合感覚の欠如が露呈してしまっている。

川辺はこれ以降も細かいミスを連発し、前半のみのプレーで交代となってしまった。

開始2分で先制点を取られた日本だが、徐々に持ち直し、エース南野のシュートで同点に追いつく。

後半に入って何度も決定期を迎えますがなかなかシュートが入らない。

60分をすぎると両サイドハーフである金子・関根の脚が止まり始め、逆にピンチが増えていく。

そんな中、いい位置で相手にFKを献上し、強烈なシュートをぶち込まれてしまう。

以後、日本は必死に攻めるも決め手を欠いて敗戦となってしまう。

 

試合に必要な体力を鍛える事が出来ているか。

この世代で日本がなかなか勝ち進めない要因となっているのが日本の部活制度である。

高校3年生を卒業した19歳の世代が主力となる。

しかし、日本においてこの世代は各チームでエース級だった選手がプロになり、出場機会を得る事が出来ない年齢になってしまっている。

前年までは毎週のリーグ戦などで試合勘が研ぎすまされていた選手たちもプロになり、練習や練習試合だけの生活を送ることによって

90分間の体力の使い方であったりという試合感覚が落ちてしまいます。

今回の代表でも、クラブでスタメンを確保している選手は南野・三浦・松本・広瀬ぐらいでしょうか。

両サイドハーフの2人は前半飛ばしていた事もあり、後半は失速。ボールロストが目に見えて増えました。

試合に出る事が少ない中で完全アウェイの中で激しくくる中国相手に体力がみるみるうちに減っていってしまいました。

 

U-19世代をJ3に出してみては?

現在、J3にU-22選抜が出ていますがメンバーは毎週違います。

そうではなく、レンタルという形で御殿場などに本拠地を置き、ある程度メンバーを固定した上でこの世代を鍛えるというプランはどうでしょうか。

費用はサッカー協会が全面的に持てばいいでしょう。

所属クラブでの大切な1年間を使ってしまいますが、世界に出るために必要な措置であると言えると思います。

また、中国の選手は大半が海外クラブ所属でした。

これから、欧州のユースに所属する日本人も増えていく事でしょう。

そういった選手の活用も大切になってくると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。