10/24 山形戦 新しいスタートにしよう

スポンサーリンク

前節は、アウェイの横浜で10人の中、みんなよく頑張りましたが惜しくも敗戦。

今節は残留争いの相手、山形。山形は今節勝ち以外は降格となります。

しっかりと、勝ち切って残留を決めたいところ。

image

人が足りない神戸

神戸はけが人が続出。

新たに三原が怪我をしてしまい、ベンチ外になりました。

ベンチメンバーが足りず、ユースから東くんと山川くんを招集しました。

スリーバックのためセンターバックが足りずに、ユース動員となりました。

彼らにとっては、貴重な経験となったと思います。

image

先制点が早く取れた

神戸は、前半からボールをしっかりと左右から展開して山形を押し込みました。

逆襲を受ける展開もありましたが、しっかりと繋げる展開に成っていました。

森岡がチャンスを迎えるもハンドの判定でノーゴール。惜しかったですね!

先制点は神戸。センターライン付近で石津からボールを受けたウヨンが左サイドを駆け上がった安田にスルーパスを通してチャンスを演出。

抜け出した安田がギリギリまでドリブルで持ち込んで折り返したボールに渡邊が押し込んで先制点!!

綺麗にサイドを崩して、突き刺したゴールでした。

前半、神戸は逆にゴールを脅かされるシーンが何度かありました。相手のディエゴの決定力が無くて助かりました。

image

渡邊千真ショー

後半、相手のFKからチャンスを作られました。

アルセウが蹴ったボールはPA内でバウンドし、渡邊の足に当たってゴールイン。同点に追いつかれます。

その3分後、突如、ディフェンスラインでボールを持った北本がドリブルを開始。

相手を抜いて、ワンツー、更にワンツーで石津へ。

石津が抜け出した渡邊へパス。ワンタッチでゴールへ流し込んで勝ち越し!ちなみに完全にオフサイドでしょう笑。

その後、山形の守備陣形は崩れて、どんどん縦パスが入る神戸は何度もチャンスを迎えました。

石津も決定機を迎えましたが、決めきれませんでした。

交代で入った、増山にも決定機がきましたが、決められず。

その後、カウンターで抜けだした増山が相手のDFを切り返しで交わしてドリブル突破。

PA内で渡邊にプレゼントパス。ハットトリックの達成となりました。

image

新しいスタートにしよう

これで、神戸は残留を確定。

来年への準備に入ります。それぞれが、レベルアップをするのは言うまでもありません。

ですが、クラブとしてどこに補強を入れるのかなど、これから腰を据えて動かなければなりません。

来年こそ、もっと上位で戦えるように新しいスタートにしましょう!

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。