10/26 大宮戦 まとめ

スポンサーリンク

 

前節は水曜日開催の鹿島戦。お互い、攻め合ったもののスコアレスドロー。

今節は”残留力”大宮。生粋のラインコントローラー大宮相手に勝ちきれるか。

清々しい昼

image

久しぶりのホーム開催な気がしました笑

先週は徳島で過ごしたのが懐かしい笑

今日は天気もよく、いつものメンツで楽しく試合までの時間を過ごせました。

毎年恒例になっているヴィッセル神戸仕様のアクアが展示されていました。

image image

いやぁ欲しいですね笑

今年こそ当選したいです。

今日はモーヴィもかわいくなっていました笑

image

サポミを外から見るのも初めてな経験でした笑

image image image image image

ミドルシュートに弱い?

本日のスタメンは前節から少し変更

高橋に代えて奥井を投入してきました。フレッシュな奥井の復帰戦ということになりました。

奥井はこの試合、良い動きを見せていたのでこれから右サイドバックの競争も激しくなりそうですね。

 

前半の神戸は基本的にいつも通りな展開でしたが

いつもと違う展開だったのは小川をトップに置いて、駆け回っていた事です。

そしてサイドに開いたペドロも含めて積極的に裏へ抜ける動きを連発していました。

裏へと相手を引っ張ることでサイドバックもあがって行く事が出来るので攻撃は良い展開を見せていました。

 

失点シーンは左サイドに選手を集められた上でぽっかりと開いたバイタルエリアにボールが入って

走り込んできたカルリーニョスに豪快に地をはうミドルをぶち込まれました。

こんなシーンは昨年から何度か目にしています。

しっかりと危機意識を持たないといけませんね。

逆に同点に追いついたシーンは中央でサイドからパスを受けたマルキが相手に倒されて

獲得したFKからでした。

少しいつもより近い位置で獲得したFK。近い位置だとウヨンのボールが枠を超えてしまう印象でしたが

今日はふんわりと蹴ったボールがすごい勢いで落ちていき、ゴール左隅上段へと吸い込まれました。

今までと違うシュートでした。新しい武器になりますね!

小川ーマルキに新ホットライン

後半に入ってマルキをトップに置き、ペドロと小川がサイド

中央に森岡といういつものスタイルに変更してきました。

そして、得点シーンはその森岡から。

中央で持った森岡の左側を猛スピードで小川が追い越していきます。

そして相手の裏へと抜ける抜群のタイミングでパスが出ました。

中央にはドフリーのマルキのみ。

小川も絶妙のタイミングでパスを出しました。

一度目のシュートは北野にビッグセーブされましたが、跳ね返ったボールをマルキが頭でプッシュ

そのボールがゴールに転がって逆転!

小川ーマルキのラインでゴールを奪うのは広島、徳島と連続で続いていますね!

これは新ホットラインと言えるのではないでしょうか。

 

その後、2度ほどゴール前でチャンスを迎えますが、シュートをうつ事が出来ない場面が続きました。

完全にコースがあかないと打たないのはいつもの事ですが、外でフリーな選手がいても強引にドリブルなどで仕掛けてしまう

場面も見られましたね。

ペドロは最近、点をとれていないので焦っているのでしょうか。

 

終了間際の相手の攻勢もしっかりといなして、サイドでボールをキープする余裕を見せた神戸。

残留力を下して6試合ぶりの勝利となりました。

 

やれる事をやる。

メンバーも固定化という事で

試合に絡めない選手は面白くない残り試合になってしまうでしょう。

来月には契約満了選手の発表もあります。

寂しい季節、そして新しい選手にわくわくする季節がもうすぐやってきます。

今節の勝利で神戸は残留が確定。

奇しくも今日、来季のシーズンシートの発売となりました。

来季はこの季節にも優勝争いをしていたいですね。

image image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。