10/29 第16節 名古屋戦 消化試合にさせない

スポンサーリンク

前節はアウェイの地で仙台と対戦しました。

結果は0-3で敗戦。

優勝争いのプレッシャーからか、目を疑うミスもありました。

ここまで優勝争いができたものの、最後はあっけない終わり方となってしまいました。

気持ちを切り替えて、年間最高順位を目指し、今節はホームで名古屋を迎え撃ちます。

名古屋は降格圏内に沈み、負けられない1戦となります。

死に物狂いでくる相手をいなしながら、勝利だけを見据えてプレーしたいところです。

img_6450-min

ペドロがスタメン復帰

まずはスタメンを確認します。

GK:スンギュ

DF:シュンキ・岩波・伊野波・橋本

MF:中坂・三原・藤田・松下

FW:ペドロ・渡邉

SUB:徳重・田中雄大・祥平・東・増山・前田・石津

前節を体調不良で欠場したペドロがスタメンに戻りました。

レアンドロとニウトンが出場停止となります。

ミスをしてしまった祥平がベンチに入り、伊野波がスタメンとなりました。

理想的な前半

試合がスタートしてから、ロングボールを当ててくる名古屋と地上戦の神戸という色合いがはっきりとした試合になります。

名古屋のシモビッチはとても高く、競り合いで勝ち切ることはなかなかできません。

チャレンジ&カバーでセカンドボールを拾わせないように神戸はプレーしていました。

シモビッチに当てたボールを永井に拾われると厳しい戦いになります。

何度か、この形から危ない場面を作られましたが最後は身体を張って失点は防ぎました。

そんな中で先制したのは神戸。

センターラインでボールを持った岩波が右サイドのスペースへロングパス。

反応していたのはシュンキ。

完璧な胸トラップで前へと抜けたシュンキは逆サイドへクロスを供給。

そこに走りこんできた松下がダイレクトで合わせてネットに突き刺しました。

嬉しい嬉しい松下のプロ初ゴールで先生となりました。

トップスピードで走り込んできて合わせた松下の技術に驚くばかりです。

得点後も神戸は落ち着いてプレー。

相手の球際がゆるいこともあり、ショートカウンターを中心に攻撃を展開します。

前半のうちに追加点もありました。

ショートカウンターから中央でボールを持った中坂がエリア外から思い切ってシュート!

GKから遠ざかるように少し曲がったシュートはポストギリギリにネットへ突き刺さり追加点!

あまりに美しいミドルシュートに一瞬、スタジアムが静寂に包まれるほどでした。

元代表GK楢崎から奪ったスーパーミドルで神戸は2点リードとして前半を折り返しました。

初ゴールを締めくくったのは

前半を2点リードで終えた神戸は後半も良い展開をみせます。

名古屋は守備に課題があり、スペースがありました。

ボランチからの組み立てに余裕があり、バイタルエリアでも落ち着いてボールを回すことができました。

渡邉やペドロにもチャンスがありましたが、決め切ることができません。

後半の20分に中坂が足を攣り、増山と交代しました。

今日の中坂はボールを引き出して、早い球離れでテンポを作り出しました。

球際でも負けない強さも見せてくれましたし、来季も期待したいところです。

交代で入った増山にもゴールが期待されます。

そんな期待を叶えたのは松下でした。

カウンター気味の攻撃から左サイドでフリーだった松下にエリア内でパスが入ります。

ふわりとしたパスが中央へ入ると、フリーで待っていた増山がおちついてゴール!

こちらも初ゴールとなりました。

与えられたチャンスに結果を残すことができた増山も今季は苦しみましたが、来季こそ逆襲を期待しましょう。

3-0とした神戸は試合を危なげなくクローズして勝利となりました。

降格圏内に沈む名古屋を相手に勝ち切ることができました。

セカンドステージはホームで負けなしとなりました。

セレモニーで三木谷会長が公言した優勝に向けて、時間を大切にして来季に向け準備しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。