10/3 鹿島戦 危機感を持て




前節のアウェイ名古屋戦。なす術もなく敗戦。

相手の圧力に屈してしまい2失点。神戸は選手の特徴を活かせず敗戦となってしまいました。

今節から3連戦の相手は鹿島アントラーズ。好調鹿島相手にどこまで戦う事が出来たのか。

image

あっさりした失点

神戸はスタメンに少し変更を行って臨みました。

中盤の右サイドにブエノを起用しました。シュンキが怪我のため欠場しています。

スリーバックの真ん中は北本。ウヨンと三原のダブルボランチとなりました。

神戸はスタートから相手の金崎と土居を捕まえきれない展開に苦しみます。

相手が縦関係の2トップのため、スペースをうまくついてきていました。

そんな中であびたのが柴崎のスーパーミドル。その後のCKでのあっさりとした失点。

この前半、神戸はCKで相手に競り負ける展開が多く見られました。

失点はしなかったものの、相手にフリーでヘディングされるシーンが多かったです。気持ちの面で負けていたのかもしれません。

北本のポジショニングが悪く、守備ラインが悪い状態が続きました。

スリーバックでプレーする場合北本が真ん中だとラインが下がり、バラバラになってしまうので組み合わせに問題があるのかもしれません。

image

耐えていたがミスから失点

後半に入って北本を下げて、ヒデを投入。4バックへと変更しました。

ヒデが自由めに動きながらバランスを整えますが、後半は序盤はサンドバッグ状態。

相手に押し込まれて、ボールを奪われ続けました。攻撃も何回も受け続け、決定的な瞬間を難度も迎えました。

むずかしい展開の中で、なんとか耐えていた神戸でしたが右サイドから崩されてカイオに決められてしまいました。

このシーンでもクリアを相手選手にあててしまい、混戦の中から決められました。

もったいない失点でした。最後の時間帯に相手を少し押し込む時間帯がありましたが、あそこまで1点差で乗り切りたかったシーンでした。

後半の神戸の良いシーンは石津のシュートのみ。

ケガ人が多く、全体的にバランスが悪く見えます。

image

残留争いの自覚が足りない

はっきり言って、残留争いです。

選手たちからその悲壮感が見えません。

確かにケガ人は多いです。

山本、高橋シュンキ、渡邊、小川、前田などでしょうか。かなりの数に成ります。

相馬などコンディションがきつそうな選手も居ます。

残留しないと意味がありません。自覚を持って、気持ちを込めて残りのリーグ戦を戦って欲しいです。

サトミキ可愛かったですね。

image image