11/29 ガンバ大阪戦 情けなさと切なさと・・・。

スポンサーリンク

情けない。

2位のガンバ大阪との対戦。相手のホームである万博競技場へと乗り込みました。ここ数試合、自分たちのサッカーが出来ない神戸にとっては強敵。

しかし、それ以上に宿敵との対戦ということもあり奮起を期待しての参戦となりました。

万博のメインスタンド。

いつもアウェイの試合はゴール裏に参戦するのですが万博はゴール裏の環境が劣悪なので、今回はメインスタンドに参戦しました!

トイレも快適でしたし、来季の万博もメインスタンドに参戦しようかと考えています。

スタメシは味噌ホルモン丼と鶏味噌焼きをいただきました!

image image image image image

アウェイの試合でゴール裏以外で観戦するのは初めてなのでゴール裏を客観的に眺めるのは新鮮な気分になりました。

試合前は暗い雲もありましたが、試合開始前には快晴へとなり良い環境で観戦出来ました。

しかし、座席が湾曲していて水溜まりになっていたのでそこは改善してほしいですね。

image image image

あぁ宇佐美。

スタメンは田代とマルキの2トップ。前節怪我を負った河本に変わって北本がスタメンに入りました。

パスサッカーを展開しようとする神戸ですが、両CBがボールを持てるタイプではないため不安が残ります。

試合が開始されると前からプレッシャーを受けて、なかなか前へボールを送る事が出来ません。また、相手の圧力を受けて受け身になる展開となりました。

森岡がゴール前でフリーになりシュートする場面もありましたがGK正面。

そんな前半が30分近くになると立て続けに失点してしまいます。まずは宇佐美・・・。

バイタルエリアで前を向き、ななめに走りながらフェイントで北本を外してミドルシュート。きれいに逆サイドネットへと突き刺さりました。

2失点目は、右サイドを藤春にぶち抜かれてクロス。誰もボールに対応出来ないなか、唯一ボールへと向かったパトリックに決められました。

モチベーションの差は歴然であった。

後半スタートからマルキに変えてペドロを投入しました。田代の1トップへと変更し攻勢に出ようとしましたが

開始早々、右サイドでボールを持った宇佐美が高橋相手につっかけドリブルを開始!

誰も止める事が出来ずにそのままドリブルシュートを決められました。3失点目・・・。

森岡に代えて枝村を投入した神戸は少しずつボールが回るようになっていきます。

唯一の得点シーンは左サイドのクロスが右へと流れた展開から、そのボールを拾った枝村がすぐにクロスを供給。逆サイドで完全にフリーになっていた小川が珍しいヘッドでの得点!

一矢報いる結果となりました。

image

残留が決まっていてよかったと心から思える状態。

前節もそうでしたが、選手から覇気が感じられないという印象です。

守備面においても、漂うだけの気持ち守備でチーム一体で守るという姿を見る事が出来ません。

攻撃面においては後半に入りペドロが良い玉離れなどでチャンスを演出しましたが、決定力に欠ける場面が散見されました。

次節は川崎戦。大久保嘉人が凱旋します。

最後の意地を期待して待ちましょう。

image image image

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。