11/7 松本山雅戦 おくりびと




前節のホーム、山形戦で残留を決めた神戸。

そして、前節は山形をJ2降格に追い込みました。今節は降格3枠のうち未確定の1枠に収まっている松本山雅FC。

2戦連続で送り人になれるのか。来季を見据えて、神戸らしい戦いを期待して臨みました。

image

野戦病院は変わらず

前日レポートでは全てを書きませんでしたが、前回からシュンキが怪我で離脱。

ペドロと前田が復帰したものの、厳しい状況に変わりはありません。

スタメンでは右サイドに高校生の藤谷を起用しました。

ネルシーニョ監督が惚れ込んだという来季も期待したい逸材をしっかりと活かして戦いたいところです。

前節と同様にボランチには田中英雄を起用して、森岡を前目のポジションへ。

やはり、森岡が輝くのはこのポジションだなぁと実感した次第でございます。

image

少ないチャンスを決められ、もらったチャンスを決めきれず

前半の神戸、スタートから神戸が攻める時間帯もありました。

森岡のシュートをGKが弾き出したシーンのように、決定機もありましたよね。

気になった部分といえば、藤谷のポジショニング。

攻撃時も守備時もまだまだ遠慮しているかのようなポジションを取ってしまっていて、ふらふらと漂って無難にボールをさばくだけ。

もっと藤谷の武器であるスピードを活かす使い方を出来れば良かったんじゃないかと強く思いました。

一方で先制点は松本。

右サイドを崩されて、藤谷があけてしまったサイドからクロスを供給されました。

ニアサイドで阿部に頭ですらされてしまって失点。多くの点でもったいない失点だなぁと思ったんではないでしょうか?

前半終了間際には右サイドから崩して、PA内エンドラインぎりぎりでヒデがDFに倒されてPKを獲得。

渡邊がもちろん、蹴りこみましたがサイドバーに当ててしまって前半終了となりました。

もらったチャンスを活かす事が出来なかったのです。

image

ラスト10分の猛攻

後半に入っても、なかなかペースをつかめない時間帯が続きました。

早い段階でペドロを藤谷に代えて投入しました。

陣形を変更してスリーバックから4バックへと変更。岩波を右サイドバックとして起用しました。

岩波が右サイドに入った事で、ボールは落ち着いて回るようになりました。ですが、問題は守備面・・・。

4バックのバランスが悪いのか、北本の裏をとられるシーンが連続で続いて決定機を何度も作られました。

簡単に数えただけでも4点くらい入れられても文句が言えないほど決定機がありました。

相手の決定力のなさに助けられた部分と徳重の働きに助けられた部分と両方ありますが、ちょっといただけないシーンが続いてしまいました。

流れが変わったのは、ウヨンに代えて前田を投入してからです。

前田・ヒデが前後に流動的に動いて、ボールを引き出す事でよくボールが回るようになった時間帯と同時に相手も足が止まりました。

中盤がスカスカになって大味な試合へと変貌して、神戸の時間帯へ。

右サイドの石津から中央の森岡が合わせて同点ゴール。

ロスタイムにはペドロが決定機を迎えますが、ホームランを打ってしまって頭を抱えたあとにさらにチャンスが!

PA内でシュートを放ったこぼれ球がペドロの目の前にこぼれてきて押し込んで勝ち越し!

そのまま試合終了となって逆転勝利となりました。

image

ネルシーニョ2年目へ

さて、ホーム最終戦が終わって、残すは天皇杯と最終戦のみ。

この1年の振り返りはまたの機会に譲ることとして。

1年間お疲れ様でした。

ネルシーニョ率いる2年目はもっともっと勝利が観れる試合にしたいですね。

image image image




2 件のコメント

  • タイトルの「おくりびと」・・・ww
    やっと、意味がわかりました・・
    ナイスです。
    いつも読ませてもらっています。

    • エル様

      ありがとうございます。
      勝負の2連戦を2勝出来た勝負強さが今年1年で身につける事が出来た経験なのかなぁと思ったりしました。

      見ていただける方がいらっしゃる事を意識して更に精進してまいります!!