3/11 第3節 FC東京戦 枠内シュート0本の絶望

スポンサーリンク

前節の新潟戦は6得点の大量得点、3失点の大量失点というセットものな試合を見せてくれた神戸。

今節は苦手のFC東京を相手のホームで戦う事になりました。

今季はACLを戦うFC東京はなぜか城福監督を起用しています。

戦い方次第では勝てるはず。。。な期待を持って観戦しました。

スクリーンショット 2016-03-11 22.37.21

見所がない前半

神戸にとって前半から見所からない展開となりました。

相手はしっかりとボールをつなぎながら前に対して圧力をかけてきました。

神戸がボールを持てば、一定の場所からプレッシャーがスタートしてくるので神戸にとってはとてもやりにくい展開となりました。

DFラインでボールを回しながらも相手のプレスを嫌がって長いボールを蹴ってしまいます。

そうなれば、森重と丸山が控える相手CBにレアンドロが勝てるわけもなく跳ね返されてセカンドボールを相手に回収される。

厳しい展開。その一言に尽きます。

シュート0本の後半

後半、神戸はさらにひどい状態に。

覚えている事が少なすぎて、何を言えばいいのかわかりません。

1つわかっている事はシュートが0本だったこと。

クロスすらもほとんどなくCKが2本あったくらい。

30分を過ぎると相手の圧力が強くなり、踏ん張って我慢を続けていましたが、最終的に失点。

大外から走りこんできた阿部に蹴り込まれてしまいました。

やり返す推進力があるわけでもなく、あっさりと負けてしまいました。

シュート3本、枠内シュート0本の衝撃

この試合、神戸が放ったシュートは3本。

しかも枠内シュートは0本。

全てが上手くいかない試合でした。

監督の交代策も結果論ですが後手後手、どうしたかったのかが分かりにくい采配でした。

来週は好調のガンバ大阪。

今季の神戸はどうなってしまうのか。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。