3/14 川崎戦 疑惑判定に泣くも価値ある引き分け

スポンサーリンク

前節の開幕戦は組織の完成度が大きく違っていた事もあり完敗。

今節は風間体制を長く続けている川崎との対戦。今年も大久保嘉人との対戦を迎えました。

等々力スタジアムはメインスタンドを再建築。新設となりました。完成したばかりの綺麗なメインスタンド輝く等々力での対戦と成りました。

image

ファーストゴーラーは千真

今節のスタメンはマルキを外して渡邊のワントップで臨みました。

ブエノではなくフェフージンを起用して推進力を持たせたイメージでしょうか。水曜日に代表戦を戦った岩波もスタメンに名を連ねました。

試合はだいたいの時間帯を相手に支配されていました。

前半もずっと相手にボールをもたれているかのような錯覚を起こすほどでした。

その中で神戸にとって今シーズンの初ゴールが生まれました。

ロングフィードからボールをつないで、バイタルで森岡がフリーで前を向きました。そこへ高いディフェンスラインのライン上を漂っていた渡邊が裏へ抜けて逆サイドネットね綺麗にゴール!

劣勢でありながらもワンチャンスをしっかりと決めきって先制点となりました。

image

疑惑?誤審ゴール

後半になって同点に追いつかれます。この試合も積極的に前へ飛び出していた海人。

飛び出したものの触れずシュートされたボールを奥井がライン上で必死にクリア。そのボールがクロスへとあたりライン上へバウンド。

それを海人がセーブしたように見えましたが、ゴールの判定。Twitter上に上がっていた複数の写真を見比べると入っていないように見えますが審判の判定は絶対です。

ただし、副審が入ったと判定したそうですが、副審はエンドラインに立っていなかった気がしますが・・・。

しかし、その後セットプレイから勝ち越しました。

祥平のヘディングが相手GKの股を抜いてゴール!一直線へゴール裏へと駆け込んで背中を指で指すパフォーマンス!

これには胸が熱くなりました!祥平の事を一気にすきになってしまった笑

image

そのあとレナトのゴラッソが決まって同点。引き分けと成りました。

この試合ではヒデが復帰出場を果たしました。ハラハラドキドキのヒデのプレーが見れて胸熱でした笑。

悔しい表情を見せた選手たち

試合後のあいさつでは真っ先にウヨンがゴール裏へと来てサポーターへ抑止のポーズを取りました。

あれは審判へのブーイングを辞めるようにという意味なのか、健闘を讃える声援を制止したのかは分かりません。

しかし、勝ちたかった選手たちの気持ちを理解した上でこれで拍手喝采を浴びるのは違うという意味なのかもしれません。

選手たちは一様に苦虫をかみつぶしたような表情をしていました。

次節は岩波が抜けてしまいますが、ぜひとも初勝利を挙げて笑顔でウィニングランを見たいですね!

image

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。