3/19 第4節 G大阪戦 渾身の勝利!サポーターの熱気は最高潮へ

スポンサーリンク

前節はアウェイのFC東京戦。敵地で行われた試合ではシュート3本、枠内シュート0本という結果に終わりました。

全くいいところがなく、引き分けを狙いにいった最終盤では耐え切れずに失点してしまいました。

今節はここ数年勝てていないガンバ大阪。

最後に勝利したのは3年前のJ2で戦っていたホームです。

そんな相手を前にして自信を持って戦うことができるのでしょうか。

image

スタメンに小川が帰ってきた

スタメンを見ると、前節まで途中出場だった小川がなんとスタメンに返り咲きしました。

圧倒的なスプリント力で相手を切り裂きスペースを創出する小川が入ることで前線の活性化が期待出来ます。

守備面においてもサボらないので安定感がもたらされます。

ベンチを見てみると、キャンプで怪我を負っていた松村が帰ってきました。

まだ怪我をしてから時間が経っていないのでコンディションが心配ではありますが、監督が信頼・期待していることが伺えます。

一方で増山はベンチ外が続いています。

練習や練習試合でアピール不足なのかもしれません。昨年、あれだけサポーターの心をつかんだ増山の復活が待たれます。

image

前半は小川の先制点で熱気は最高潮

前半立ち上がりの神戸は相手に押し込まれるわけでもなく、積極的に押し込むわけでもない展開を見せました。

落ち着いて、最初の時間を経過させようという気持ちが見えました。

序盤はガンバのペースに押されて、スタートから25分程度までハーフコートに押し込まれる展開となりました。

しかし、神戸はショートカウンターから高いラインの裏に出たペドロがエンドライン際までドリブルで進行して、逆サイドへグラウンダーのパスを供給しました。

そのパスに真ん中でレアンドロが潰れて、逆サイドに待っていたのは小川でした。

左足で丁寧にミートした小川のシュートはブロックに来た相手DFの逆をついてネットに突き刺さりました。

正式にスタメン復帰して復活した小川の得点でスタジアムは熱気に包まれました。

苦手意識があるガンバ相手に先制できた事で、前半終了間際にはエンドラインに向かって誰もが見送るボールを猛然と小川が追いかけてギリギリでマイボールとし、最後はペドロが惜しいシュートを放ちました。

落ち着いて前半を締めた神戸は勝っている状態で後半を迎える事になります。

image

ペドロの粘りが得点に

後半に入って、内田を下げて井手口を投入。

前への圧力を強めてきました。

しかし、流れは神戸が持ったままでした。前への圧力を強めて、いい位置でファールを受けるなどチャンスが増えました。

藤田のFKから伊野波が頭でドンピシャヘッドで狙うなどチャンスが多くなりました。

その後、追加点は神戸に来ました。

右サイドから中央のペドロに入ったボールを三人に潰されながら必死でキープしたペドロはDF裏のスペースにパス。

走りこんだレアンドロが振りの早いシュートから逆サイドネットに突き刺して追加点!

待望の追加点にスタジアムは本当に熱気に包まれました。

残り10分といったところでCKから失点してしまい、課題は残しましたが最後まで集中していた神戸は3年ぶりの勝利を達成しました。

image

見えた完成型

今日の前線の組み合わせは、一定の成果を出す事が出来ました。

現在の人員ではこれが最適なチョイスでしょう。

これならJ1でもしっかりと戦っていけるとおもいます。

レアンドロ・ペドロが好調で守備にも懸命に走っています。

渡邊の良さが消えているとの指摘もあるかもしれませんが、ここは変えられない部分です。

小川も石津との能力の差を見せつけた結果となりました。

噂が出ている強力ボランチが加入すれば、いい試合が増えるかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。