3/22 3節 FC東京戦 最下位からの出直し。

スポンサーリンク

前節は疑惑の失点もあり引き分けでした。悔しい選手たちの表情が今でも思い出されます。

今節は日本代表4人を要するFC東京。タレント集団であり、新スター武藤を中心に素早い攻撃が特徴です。

なんとか初勝利が欲しかったのですが・・・。

image

岩波不在の大きさ

スタメンは岩波が代表で不在のためブエノがCBに入りました。

外国人枠の関係もありマルキがベンチ外。前節に続いて渡邊がワントップに入りました。

ベンチには新人の増山が入りました。

スタジアムは2万人を超える満員。良い雰囲気の中での試合にはなりましたが・・・。

image

CKの守り方に課題あり

前半の神戸。

前半早々に渡邊が決定機を迎えましたが決めきれませんでした。一方でCKの守備で3回連続で相手にドフリーで合わせられる始末・・・。

3回目で代表の森重に綺麗に決められてしまいました。

一方、前半の終わり際には渡邊がかなり怪しいPKを獲得したものの、キッカーのペドロは正直なキックで権田にセーブされてしまいます。

このまま前半は終わり。

ペドロのキックは正直すぎましたしコースも甘かった。異様な雰囲気の中でのPKではありましたが、決めて欲しかった。

ペドロは今季に入ってからあまりボールが脚についていないのかコンディションに問題があるのか良いシーンがあまりありません。

このままでスタメンも怪しくなってくるのかもしれません。

image

ちぐはぐで道筋が見えない攻撃

後半に入って攻撃は整理されてきましたが基本的には安田がメイン。

せっかく左サイドで安田がボールを持ってもそこからの崩しに道筋がないのでそこでストップしてしまうんですよね。

そこからどうやって崩して行くのかが見えないんです。サイドへ振って開いた中央を森岡を中心として崩すのが正解なんでしょうか。

後半にはブエノが筋肉系の怪我を受傷して交代。これは正直痛い。

2点の失点は悩める司令塔森岡のミスからショートカウンターを受けて武藤に決められました。

交代で出て来た石津は良かったですよね。ぐいぐいと自分で行けるし期待が持てる。次節はスタメンもあるかもしれません。

一方でうちの司令塔は混迷を深めていますね。もともとがつがついくタイプではないですが良いときはここまで玉際が弱くなかったはずなんですが・・・

身体のバランスを崩してしまっているんでしょうか?心配ですね。

image

最下位からの再出発

他の試合の結果もあり最下位となりました。

攻撃の道筋をどうやってつけていくのか。メンバーをどうするのかなど課題は山積しています。

次節はナビスコですが、光が見える試合を期待したいですね。

ネルシーニョ監督も試行錯誤の部分があると思うので、しっかりと修正して来週の試合は喜びたいと思います。

image

ピンクの件について

ピンクの件についてですが

もうあれはどうにもなりませんね笑。あのジャージがピンクなのを見て思いました。

あれは本社からの指令なんでしょう。私たちサポーターがあーだこーだ言ったところでどうにもならないでしょうね。

反抗するのであればシャツを一切購入しないということだけ。

みなさんはどう考えているのでしょうか。

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。