3/23 YNC予選リーグ第1節 磐田戦




前節のリーグ戦では、関西の宿敵であるガンバ大阪相手に勝利を挙げたヴィッセル神戸。

激闘から中3日で代表ウィークの特有のナビスコカップに突入します。

過去2年間でベスト8・ベスト4と確実に結果を残してきた神戸にとっては今年こそファイナリストに名をあげたいところです。

とはいっても予選リーグからのスタートからであることは変わりません。

今年も丁寧に予選であっても勝利を重ねていく事が求められます。

開幕戦としてアウェイで磐田と対戦。昇格組相手にしっかりと勝ちきりたいところです。

スクリーンショット 2016-03-23 22.14.01

松下の思い切った起用

スタメンは前節と比べて四人変更となりました。

開幕からフル稼働していた渡邊を下げて石津を起用しました。

またスンギュと岩波が代表で抜けているため、徳重と祥平が起用されました。

3戦連続で大活躍の相馬をベンチに下げて、大卒ルーキーの松下を抜擢しました。

サイドバックでは発表済みの山口に加えて、藤谷や田中雄大が故障している模様で厳しい台所となっています。

ベンチには久しぶりに増山が入りました。

あっけない失点とあっけない得点

前半の神戸は五分五分のスタートとなりました。

しっかりと自らのボールを保持しながら攻める一方で磐田はジェイを狙ったシンプルな攻撃をしかけてきました。

神戸もビルドアップから攻撃を展開して悪くない展開でしたが、相手の縦への圧力に負けてファールをしてしまう場面が散見されました。

失点シーンもファールで与えてFKからでした。

精度の高いボールからジェイがバックヘッドでゴールを狙いました。

不用意に中途半端な位置取りをしてしまった徳重の頭を超えたボールはクロスバーを叩きました。そのボールが斎藤の目の前にこぼれてダイビングヘッドで失点。

徳重にとってはかなり無駄な失点になってしまいました。

その後のプレーは危なげなかっただけにもったいないプレーでした。

一方で得点シーンも相手のミスから。

縦パスをつないだ神戸はレアンドロから中央の裏へ抜けるペドロへ。

相手の高木和道が足を滑らせてフリックしたボールがペドロの足元へこぼれて落ち着いてGKの股を抜いてゴール!

神戸でも御馴染みの高木和道のミスから得点を頂く形になりました。

同点で終えられた事は大きかったです。

シュート1本で1得点は大きな成果でしょう。

後半は一転して神戸の展開

後半に入って距離感が格段によくなった神戸。

両サイドからしっかりと組み立てて斜めの縦パスが入るようになります。

得点をあげてご機嫌のペドロがキレキレで左サイドから2人を置き去りにしたドリブルから中央レアンドロのフリーシュートなど決定機があありました。

守備でもハーフライン付近でボールを奪えるためショートカウンターを発動してチャンスを作りました。

勝ち越し点はスローインから。

松下のスローインを受けたペドロがフリーでクロス。

高木和道と1対1で競り勝ったレアンドロがバックヘッドでゴールを決めて勝ち越し。

ブラジル人コンビの個の力で相手を粉砕しました。

その後は落ち着いた展開で試合をクローズして完勝となりました。

松下を起用してもしっかりと勝ち切るのはクラブとしての格が上がったような気がしましたね。

週末の鹿島戦は必勝

これで開幕戦をアウェイできっちり勝ちきった神戸は予選突破へ向けて大きな一歩となりました。

予選リーグには神戸が苦手な甲府や湘南がいるので、週末の鹿島戦もきっちりと勝ちきりたいところ。

昌子や植田がいない鹿島相手にしっかり勝って、予選突破に近づきましょう!




2 件のコメント

  • いつも楽しく読ませて頂いてます。
    2点目はペトロではなくレアンドロのバックヘッドです。
    いきなり失礼しました。

  • ご指摘ありがとうございます!

    修正いたしました。いつもご覧いただきありがとうございます!