3/27 YNC予選リーグ第2節 鹿島戦 キレキレのペドロを含めて躍動の1戦

スポンサーリンク

前節から開幕したヤマザキナビスコカップ。

今節は予選リーグ第2節としてホームに鹿島アントラーズを迎えました。

昨年のナビスコカップ王者である鹿島アントラーズ相手に、神戸はいかにして勝利を狙うのか注目の一戦です。

image

休養十分の渡邊がスタメン復帰

今日のスタメンは前節から少し変更がありました。

2トップは変わらず助っ人コンビ。

2列目には水曜日に休んだ渡邊が復帰、小川が違和感があってかベンチ外となり石津が起用されました。

前節ベンチスタートで休養を取った相馬をスタメンに戻しました。

ベンチには増山と松村が入っています。

若いベンチメンバーである事は変わりませんが、このメンバーが活躍しなければ神戸に未来はありませんので期待していきましょう。

キレキレで止まらないレアンドロとペドロのコンボに期待していきましょう!

image

前半のキレキレペドロは止まらない

前半、スタート時から神戸は押し込まれる時間帯が続きました。

15分ごろまで相手の圧力が強くなり、神戸は自陣に押し込まれました。

その中でも、コンパクトに陣営を敷いてきっちり跳ね返す時は大きく蹴り出すなど割り切ったプレーができていました。

祥平と伊野波のコンビは安定感抜群でお互いがお互いのいいところを出しているようなコンビネーションを見せていました。

神戸にとっては耐える時間帯に耐えれるようになってきました。

しかし先制点は神戸。

相手陣内で奪ったボールをペドロが拾ってドリブルを開始、そのまま相手DF2人の間を割った足の振りの早いシュートがゴール隅に決まって先制点!

速攻であっという間に決まってしまいました。キレキレで誰も止められないですね!

神戸は前半に更に追加点をあげます。

40分ごろにハーフラインで相手からボールを奪ったペドロは鹿島の柴崎と並走しながら右サイドをエンドラインまで持ち込みます。

エンドラインからも折り返してドリブル突破で突き進みPAに入ったところでつまづきますが、最後まで粘って中央に折り返しました。

そこに走りこんできた渡邊が打ち込んで追加点!

いい前半となりました。

image

後半に入っても勢いは止まらない

後半に入っても神戸の勢いは止まりません。

攻め込まれる時間帯もありましたが、最後の部分で耐える事ができているため危険性は感じません。

神戸も両サイドをワイドに使ったショートカウンターで何度も決定機を創出していました。

お互いがお互いのいいところを出し合っているような時間帯が続きました。

しかし、3点目も神戸が獲得。

CKからペドロが完璧に合わせて3点目!試合は決まりました。

その後も、神戸は勢いづいてどんどん後ろから選手が追い越していくのでいい攻撃が続きます。

石津と交代して入った小林もきっちりと仕事をします。

4点目は右サイドで持った小林から中をトップスピードで走ったシュンキに出し、エンドライン際から折り返したボールになぜか相馬が中央で合わせて4点目!

意外なコンビで4点目を獲得しました。

去年の清水戦を思い出しますね!

最後にCKから失点してしまいましたが気を引き締めろってことでしょう。

増山も久しぶりに出場して再アピールの場になりました。

いい試合だったと言い切れます。次も勝ちましょう!

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。