3/5 第2節 新潟戦 勝って兜の緒締める




前節の開幕戦は、せっかくのホーム開催であったにも関わらず全く気持ちが見えない試合を展開し敗戦。

試合後の監督インタビューでは選手たちに対して気持ちが見えないと公然と叱責するなど後味が悪い試合となりました。

今節も前節に引き続いてホーム開催。

開幕戦を勝利した新潟を迎えます。

気持ちを入れ替えて、ホームらしく勝利を挙げる事が出来るのでしょうか。

image

先発の変更、システムの変更を実施

前節からスタメンを3人入れ替えてきました。

左サイドバックを田中から相馬へ、システムを変更してアンカーに村松を投入。

三原ではなく前田を投入してきました。

システムもアンカーを起用したシステムに変更してきました。

前節はスタメン起用されたペドロをベンチに、更に昨年のアウェイ仙台戦以来となる小川がベンチ入りしました。

前線でかき回せる小川の復帰はチームにとってとても大きな要因になる事が期待できますし、ペドロも含めてけが人が帰ってくることに嬉しさはひとしおです。

image

最後の失点以外は完璧な前半の運び

前半の神戸は、前から積極的にプレスに行きながら試合を運びました。

その流れから前半の6分に石津が相手のCBに激しくプレッシャーをかけてボールを刈り取りそのままゴール方向へドリブル開始。

飛び出してきた相手守田を交わして角度がないところからグラウンダーでシュートを決めて先制点!

今シーズンの神戸初ゴールは石津となりました。

石津にとっても、早い段階で得点を取れた事は安心材料になったのではないでしょうか。

その後、相手の縦に早い攻撃に悩みながらも、積極的に縦パスや両サイドを使って攻撃を展開する神戸は良い試合運びを見せました。

このまま前半が終了するかなという雰囲気になった前半40分以降にまだドラマが待っていました。

前からプレスをかけ続ける神戸はPA外で相手GKがクリアしたボールが相馬にこぼれてきました。

相馬はダイレクトタッチでロビングのシュートを放ち、相手DFの追いかけもむなしくネットイン!追加点となりました。

これで前半クロージングのつもりが最後のラストワンプレイで相手CKを決められてしまい2−1で前半を終えました。

CKの守備時に神戸の選手がセットする前に相手がスタートする場面が散見されていたのがかなり気になっていましたが、最後にそのパターンから失点してしまいました。

もったいないですし、集中力の欠如です。次からは気をつけて欲しいですね。

image

スペクタクルな後半戦を見せてくれた

後半早々に、神戸は同点に追いつかれます。

右サイドからクロスを供給されて、中央で頭で合わされました。

伊野波に代わって出場していた祥平がついていましたが、お構いなしに決められました。

仕方ないといえば仕方ないですが、良いボールを供給する側のケアを注意する必要があります。

このまま、落ち着いてやり直せればよかったのですが、終始バタバタしてしまう神戸。

落ち着く事が出来ずにいた状態で同じように右サイドから質の高いクロスを供給されて、相馬の憶測を誤ったジャンプの裏にいた相手FWに合わせられて失点。

相馬を起用する限り仕方ないですが、残念な形で勝ち越されました。

ここで神戸は完全に気落ちしてしまいます。

選手交代では小川とペドロを早々に起用して3人の交代枠を使いきりました。

しかし、この交代が大当たりとなります。

バイタルエリアで波状攻撃を行っていた神戸は、右サイドに展開。

シュンキからのクロスこぼれを拾った小川が混戦の中でシュート!完全にブラインドとなっていたGKがゴール方向へボールを弾きます。

そこに走りこんでプッシュしたのがレアンドロでした。

同点の直後に右サイドで獲得したFK。

逆サイド最後方で岩波がふらふらと1人で余っていました。そこにライナー性のクロスが供給されてどフリーで折り返したところにペドロが走りこんで頭で合わせました。

スタジアムの熱気は最高潮に達しました。

まだまだ神戸の攻撃は止まりません。

次は左サイドから渡邊が持ち、逆サイドにいたペドロにパス。ペドロは対面した相手助っ人を振り切ってコースがない逆サイドネットへ流し込んで追加点。

ペドロらしい得点スタイルで、得点を取った事は今シーズンの神戸にとってとても良いことだと思います。

最後は再び左サイド。

中央で持ったペドロが左サイド抜け出した相馬へスルーパス。

PA内にドリブルで切り込んだ相馬は左足で切り返して右足で冷静に流し込んで6点目。

1試合2得点という結果を残して見せました。今季も相馬におんぶに抱っこな左サイドになりそうです。

その後は試合をクローズして今季初勝利となりました。

image

勝って兜の緒締める

さて、勝つには勝ちました。

しかし、3失点はいただけないでしょう。

2−1の展開から3−1、4−1とするべきところでした。

ずるずると失点した後に逆転したことは評価されるべきです。

しかし、ずるずる失点するところを締め直さないと、今後かなり厳しいシーズンになりそうです。

浮かれず来週の試合に備えましょう。

image