4/29 名古屋戦 苦手相手にノーチャンスで敗戦。選手層は言い訳に出来ない。




前節はアウェイの地で鹿島アントラーズ相手に勝利。

鬼門と言われたスタジアムで昨年から3連勝を達成し、勢いに乗る神戸。

今節はホームでずっと勝てていない名古屋相手。勢いそのままに勝つ事が出来たのか?

image

野戦病院

今の神戸は野戦病院状態。

この試合に臨めるフィールドプレーヤーはなんと16人キッチリ。

出場停止と怪我で多くのメンバーを欠いています。

そんな中でスタメンは軽微な変更。

スリーバックの中央に北本。シャドーの位置に渡邊を起用。

ベンチには和田や増山、ヨンボなど若手陣がチャンスを待ちます。

ウヨンの出場停止がここで大きな意味合いを持つ事になってしまいました。

image

押していたのは前半

前半の神戸は相手を押し込む時間帯が比較的に多くなりました。

チャンスがあったかと言われるとそうではなかったですが、相手を攻めるという意味では前半の方が攻撃の時間を作れました。

しかし、ピンチは2回ほどありました。祥平が寸前で触ってクリアした相手のシュートは完全に相手の松田がフリーでしたし。

ポストに直撃した小川のシュートもヒヤヒヤさせられました。

神戸にとってチャンスはマルキが抜け出して放ったシュートだけでしたでしょうか。

渡邊・マルキ・小川の距離感に問題もあったかもしれませんが、やはりボランチコンビでボールを溜めれないために前にうまく進まない展開が続きました。

森岡不在が大きく響いていました。

image

セットプレーから失点

後半唯一の失点はCKから最終的に永井に押し込まれたシーン。

相手に身長が高い選手が多く、こうなるのは目に見えていたので1点は仕方ないでしょう。

神戸は石津を投入して圧力をかけようとします。

ですが、相手の長身選手たちに制空権を支配されてしまってセカンドボールも距離感が悪く拾えないという展開になってしまいました。

石津が前を向いてチャンスを作ろうとしますが、いかんせん森岡不在のため他にボールが持てる選手が少なく単発的な攻撃。

ヨンボを投入して裏への圧力を強めようとしましたが、アイデアなく万事休す。

残念ながらチャンスがなかった試合になってしまいました。

image

選手層の問題ではあるがそれだけで済ます事は出来ない。

神戸にとって悔しいホームでの敗戦となりました。

森岡・ペドロ・ウヨン・安田など主力系を欠いていた神戸にとっては厳しい戦いとなりました。

替わって入っている選手に期待したいという展開ですが、同じ役割をこなす事は出来ません。

ウヨンの位置や森岡の位置というのは神戸の中枢です。

ここから全ての攻撃が展開されると言っても過言ではありません。

その2枚を失った上でタイプの違う選手を配置していてはなかなか攻撃のリズムを作る事は出来ません。

ウヨンは次節は帰ってきます。しっかりとリフレッシュしたはずですので奮闘を期待しましょう。

森岡やベドロの復帰を待ちたいところですね。

image