5/14 第12節 川崎戦 試合を壊した三原は反省を




前節は鬼門の相手、名古屋に対して勝利を挙げることができました。

ホーム・アウェイ問わずに鬼門だった相手に勝利できたことはチームにとって自信となるはずです。

今節は優勝争いを繰り広げる川崎とアウェイの一戦。

圧倒的なアウェイの中で、大久保嘉人率いる超強力攻撃陣を抑えることで勝利を目指します。

image

野戦病院状態の神戸は苦しい台所事情

神戸は強力2トップが怪我で離脱という悲報が入ってきました。

レアンドロの欠場は覚悟していましたが、まさかのペドロも怪我で欠場となりました。

2列目を含めたアタッカー陣にけが人が続出してしまい、メンバーが足りない状況となりました。

2トップは渡邉と増山。

中盤はボランチ4人を右から三原・ヒデ・藤田・前田を配置しました。

苦しい台所事情が露呈しています。

ベンチには中坂など若手をベンチ入りさせました。

image

理想の展開で終えた前半戦

前半の神戸は意外にボールが持てる時間帯がありました。

それはボールが持てていたのか、持たされていたのかを考える必要があります。

相手は無理に前への圧力をかけずに、預けてきたようにも見えました。

自分たちのマイボール時にだけ、ボールを丁寧に動かして強力3トップを有効活用して攻撃を展開しました。

決定機の数は川崎が圧倒的に多く、小林がなんども決定機を迎えました。

前半だけでも3度ほど川崎側に決定機がありましたが、なんとか神戸は耐えることができました。

神戸の攻撃は全く機能していなく、シュートもありませんでした。

前半終了間際、増山がバイタルエリアでアフタータックルを受けてFKを獲得。

このプレーで倒された増山が倒れた体が奈良の脛に乗ってしまい、骨折となってしまいました。。。

五輪代表のけが人の多さが悲しくなります。

このFKを渡邉が蹴り込み、中村憲剛の頭に当たったボールは逆サイドネットへと吸い込まれました。

意外な形で先制点が舞い込んできました!

image

落ち着いてプレーして欲しかった後半戦

後半に入って、当然のように前への圧力を強めてくる川崎。

それを真正面から神戸は受けてしまいました。

早い時間帯で、三原がPA内で小林を倒してPKを献上しました。

リプレイで見返しましたが、フォローで祥平が待ち構えている状態で100人の主審が100人PKと判定するだろうプレーを披露した三原選手は理解に苦しみます。

両手で掴んで引き倒すプレーをあの場所で披露する意味がわかりません。

与えたPKを大久保嘉人がきっちり決めて同点。

その約10分後には、ゴール前の細いパス回しから抜け出した大久保に更に決められて勝ち越し点を与えました。

神戸は復帰した小林と田中雄大を投入。

更に高卒ルーキーの中坂を投入しました。

直後に三原が別の選手が与えたファールのボールを蹴りだして遅延行為の判定で2枚目のイエローをもらって退場となりました。

2枚目のイエローの判定は厳し目でしたが、負けている状態で行う必要があったプレーではありません。

反省してまた頑張ろうという程度ではなく、毎年1度は試合を壊してしまう癖をどうにかしないと本当に必要とされる選手にはなれないと思いました。

10人になった神戸は攻め手がなくなり、終了のお知らせ。

終了間際には更に1点を失って試合が終わりました。

ナビスコは勝ちましょう。