5/16 松本山雅戦 苦悩の日々は続く

スポンサーリンク

先週の清水戦では、今季苦しむエスパルス相手に敗戦。

今節は圧倒的なホームの雰囲気を作り出す松本山雅。その敵地に乗り込んでの一戦。

過去に負けていない松本を相手に勢いを取り戻す勝ちを手にしたい思いで乗り込みました。

image

結果は悔しい敗戦

今回は先に結果を。

結果は0−2での敗戦。相手の若手ドリブラー前田にカットインからのシュートを決められての失点と後半終了間際に喫した失点。

2点目は仕方ない失点ですが、1点目はマークについていた渡邊が脚を滑らせて、マークを外してしまい身体を投げ出した北本の股をすり抜けた上で逆サイドネットぎりぎりに決まるというスーペルなゴールでした。

1点目も誰が悪いというわけでなく相手を褒めるべきでしょう。

問題はそこではなかったという話です。

image

シュートを撃つ準備は出来ているか?

試合を通して、神戸は相手を押し込んでボールを回す事が出来ていました。

原因は森岡の復帰です。森岡が復帰し、ウヨンとボランチを組んだ事で、この3列目でボールが持てるようになりました。

ここで失う可能性が減ったため、様子を伺いながら縦にボールを入れる回数が増えました。

ボールを受ける前線の選手も相手を背負いながらキープするところまでは問題なくこなしていたと思います。

問題はここからで、ボールを背負ったあとのスペースに走る選手はいない。その後の展開は横にボールが回るだけで相手を押し込んで崩すアイデアがありませんでした。

うまくボールを運びながらバイタルまでボールを運んでも最後の部分で相手に取られてしまう。

神戸のFW陣は体制を整えてシュートを撃とうとしすぎではないでしょうか?

ボールを受けてトラップして相手を剥がしてからシュートする意識が強すぎます。横や斜めから受けたパスをそのまま思い切ってワンタッチ目でシュートする事がありません。

途中交代で入った石津も、シュートチャンスはありましたがドリブルで更に相手を出し抜こうとしすぎてDFに詰め寄られる場面が多くみられました。

相手を完全に抜き去ってシュートしたほうがいいのは当たり前ですが、JリーグのDFもそんなに甘くありません。

玉際の強さを求められている現代において、そんなに簡単にスペースを与えてくれないのです。

神戸のFW陣は強いシュートをワンタッチで撃てる選手が多いはずです。その意識付けがないだけで出来ないはずはありません。

その部分をぜひチャレンジして欲しいです。

image

ボールを回すスポーツではない。

サッカーはボールを回すスポーツではありません。当たり前ですが。

シュートを放つ意識が低すぎます。綺麗なゴールが欲しいのではなくただ1点が欲しいんです。

後半、サポーターに向かって攻める展開で最後のラインを割れませんでした。正直、最後の気迫は感じられなかったと思います。

綺麗にやりたいことは分かりますが・・・。

その中で、藤谷の突破は可能性を感じました。

もっとそのスピードを活かして攻撃出来ればよかったと思います。

次、必ず勝つために

試合終了後の選手挨拶ではブーイングも起きました。

私も目の前にいる選手に激を飛ばしてしまったわけですが、選手たちはまっすぐにスタンドを見上げていました。

一様に悔しそうな表情を浮かべていました。

もう後がありません。けが人の言い訳もしていられなくなってきました。求められているのは結果です。

次節は勝ち点1差の山形。勝てていないスタジアムでの試合になりますが、また現地で選手を後押ししてきたいと思います。

image

選手挨拶は叫んでいたので、写真を撮れませんでした笑。

ぼくの後ろにいた友人が撮った写真を使わせて頂きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。