5/25 YNC予選リーグ第5節 名古屋戦 若手が躍動した試合

スポンサーリンク

前節のリーグ戦ではホームで横浜Fマリノス相手に惜しい敗戦。

スコアは0−1での敗戦でしたが、数字以上の差を見せつけられた1戦でした。

一方でナビスコカップ予選リーグに目を向けると、前節のアウェイ甲府戦では若いメンバーながら2点を挙げて小瀬で初勝利となりました。

ナビスコカップは若手の登竜門というわけではありませんが、出場機会を獲得した若手が躍動する姿は嬉しいものですよね。

今節は予選突破をかけて名古屋との1戦。

相手の名古屋は予選敗退が決定しています。

今節、神戸が勝利して湘南が引き分け以下であれば予選突破が決定します。

ぜひ今節で予選突破を決めて、連戦最後となるアウェイ湘南では若手の躍動を見たいところです。

image

スタメンはガチメンで組んできた

神戸のスタメンに目を向けると前節のリーグ戦と同様のメンバーとなりました。

GKはスンギュが入り、右からシュンキ・北本・伊野波・相馬の布陣。

三原と村松がボランチに入りました。藤田はベンチ外となっています。

2列目に渡邉と中坂を起用してきました。

ここ数試合で出場機会が巡ってきた中坂がスタメンを奪取しました。

いいプレーを見せている中坂は掘り出し物かもしれませんね!

2トップは助っ人2人でお決まりのパターンです。

ベンチに目を向けると小林や石津など信頼のできるメンバーが入っています。

総力戦で勝ちを掴みにいきたいところ。

image

高卒ルーキー中坂が躍動

前半から神戸は躍動。

特に高卒ルーキーの中坂が躍動しました。

前半10分。

左サイドで奪ったボールをショートカウンターでレアンドロから右サイドの中坂へ。

エリア内へ入ったところで出てきたGKの頭上を抜いてループシュートを決めてプロ初ゴール!

出てきた相手を落ち着いて見てシュートするあたりが凄みを感じさせます。

その後も落ち着いてパスを受けて、パスを散らしていました。

裏へのロングも蹴れるため、何度もボールに絡んでいました。

守備面においてもサボらずにプレッシャーをかけて球際でもファイトしていました。

試合に慣れて、自分の良さを出せるようになってきた中坂はこれからブレイクするかもしれません。

最後はバテてしまってふとももを痛めたようですが、前半の出来だけで次も見たいと思わせる活躍だったと思います。

中坂がシュートを決めた後に神戸はペドロが右サイドを突破してシュートを放ったこぼれ球を渡邉が押し込んで2点目。

前半20分までに2点を挙げて、試合を優位に進めることができました。

この後も神戸は相手を押し込んで前半を進めることができました。

得点こそなかったものの、何度もチャンスを創出しており良い入り方をすることができました。

image

最後に畳み掛けて終わってみれば圧勝

後半に入って、名古屋も前に出てくるようになりました。

サイドバックを変更して前への圧力を強めました。

しかし、神戸も落ち着いて最後の部分は耐える姿を見せました。

耐える時間帯はきっちりと守りを固めて守る、相手の足が止まってきたところで攻勢に出る形を出すことができました。

後半スタートから中坂に代えて石津を投入しました。

その後、左サイドの相馬に代えて田中雄大を投入。

このあたりから神戸が攻勢に出るようになりました。

田中雄大が入ったことで左サイドが活性化されるようになりました。

渡邉を中心に攻撃を展開してシュートも増えていきます。

村松のミスから決定機を与えますがスンギュが落ち着いてセーブ。

35分にその村松に代えてキング田中英雄を投入。

この後ヒデを中心として軽快なパスワークを披露した神戸は88分に石津、アディショナルタイムにシュンキが決めて終わってみれば4−0の圧勝となりました。

この結果、神戸は3年連続のナビスコカップ予選リーグ突破を決めることができました。

今年こそファイナルまで進み、栄冠を勝ち取りましょう!

image image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。