6/19 第16節 鹿島戦 格の違いを見せつけられた1戦




前節の広島戦はホームで引き分け。

あっさりと先制点を許した後に、ペドロが豪快なボレーを決めて同点。

その後はお互いが決定機を複数迎えましたが、決め切る力を発揮できずにドローとなりました。

今節は優勝争い真っ只中の鹿島アントラーズをホームに迎えての1戦。

この試合で勝利し、川崎の結果次第では逆転で首位に浮上して自力優勝の可能性を残す鹿島は死に物狂いで勝ちにくることが予想されます。

気迫で負けることなく、目の前の一戦を勝ちにいけるか注目しての1戦となりました。

image

伊野波が怪我によりベンチ外に

今節のスタメンは下記の通り。

GK:スンギュ

DF:シュンキ・北本・祥平・田中雄大

MF:小林・藤田・田中英雄・渡邉

FW:ペドロ・レアンドロ

伊野波が怪我によってベンチ外となり、リーグ戦では久しぶりに祥平がスタメンとなりました。

ベンチには東や中坂、松村などの若手を中心としたメンバーが並びます。

image

喜びもつかの間のもったいない失点

前半の神戸は素晴らしい戦いを披露。

鹿島が展開した前への速いプレッシャーをかわしながら相手を押し込む試合を展開しました。

特にサイドの深い部分を起点として、CKやFKをたくさん獲得しました。

小林を中心とした右サイドの奥深くで起点を複数回作ることができました。

小林が積極的に仕掛けることでファールをもらう場面もあり、いい流れで試合展開を進めます。

何回も獲得していたCKから先制点が生まれます。

藤田が蹴ったCKをファーサイドから中央へ走りこんできた北本の頭へ枠へ飛ばすことを意識した強いシュートがゴールネットに突き刺さり先制点!

2011年以来というゴールで神戸が先制しました。

しかし、先制してから相手の圧力が強くなります。

何度もドリブルで仕掛けられてずるずるとDFラインが下がってしまいました。

前半終了間際の時間帯に相手に仕掛けられて、クリアをもたつく間に相手にボールを奪われて失点。

非常にもったいない失点となってしまいました。

この時間帯を耐えて、勝っている状態で後半を迎えることができれば変わっていたかもしれません。

image

後半のチャンスを決めきれず

後半に入ると予想通り、鹿島がの圧力が強くなります。

押し込まれる時間帯が増えていく中で、速い時間帯に失点。

神戸の右サイドで起点を作られて、中央へのクロスに遠藤が上手く合わせて失点。

相手の攻勢に屈した形となってしまいました。

後半は前半と打って変わって神戸がサイドで起点を作られる展開になってしまいました。

前へ効果的にボールを運ぶことができない時間が長く進んでいきます。

チャンスを作れない中でラスト10分ぐらいから少しずつチャンスが神戸に出てきます。

最初のチャンスはペドロに訪れます。

セットプレーのこぼれ球をダイレクトでシュートしますが枠外。

次はレアンドロにチャンスが。

右サイドで起点を作って、クロスを中央でレアンドロがシュートするも枠外。

残念ながら同点に追いつくことができずに試合終了となりました。

image

常勝クラブとの差はいかばかりか

鹿島との試合を振り返って、実力差が大きすぎて絶望するレベルでした。

一人一人の技術水準も高く、日本人選手のレベルが高いことが特徴です。

失点にバタバタすることなく前への圧力を徐々に強めてきっちりと取り切る力を見せつけられました。

神戸もまだまだこれから成長しなければならないと実感した日でした。




2 件のコメント

  • はじめまして。

    いつも的確な記述、楽しみに読ませていただいてます。
    ただし、今回は、ちょっとしたケアレスミスがありましたようで……

    前節の引き分けは、横浜戦ではなく、広島戦では。

    ごめんなさい、はじめてのコメントだというのに、揚げ足取りになってしまいました(土下座)

    • いつもありがとうございます。

      すいません。ご協力いただきましてありがとうございます。

      修正させていただきます。