6/20 浦和戦 この光景を忘れてはならない




前節、万博の地で宿敵ガンバ大阪との試合をスコアレスドローで終えた神戸。

代表ウィークを置いて、行われた試合は優勝をかけた浦和との一戦。

image

故障者が帰って来た神戸

神戸にとっていいニュースがありました。

練習に全ての選手がフルメニューで参加した事です。これってすごくないですか?

ずっと故障を抱えていたルーキーの山口も復帰しました。相馬や三原も復帰して戦力がそろったわけです。

ネルシーニョ監督にとっても、選択肢が豊富になり手腕を発揮といったところでしょうか。

この試合のスタメンはいつも通り。前線にはマルキ・ペドロ・小川が入りました。

周囲を喧噪が包むペドロに期待ですね。

image

試合は15分だけ・・・

実は、仕事の関係で試合を見る事が出来たのは最後の15分だけでした・・・笑

しかし、相馬のクロスから千真のヘッドはばっちりと見る事が出来ました。

圧倒的な浦和サポの圧力がすごかったのは事実ですが、今日の神戸サポは声が出ていて素晴らしいスタジアムの雰囲気に飲み込まれるようでした。

ゴールシーンも綺麗なヘディングでしたね!

その後、ゴールを目指した神戸ですが勝ち越しはならず。

浦和の優勝決定となりました。

あの光景を忘れないように

優勝が決まった瞬間の浦和サポーターの姿が目に焼き付いています。

全員が立ち上がって喜ぶ姿が・・・。

今季の浦和は未だに負けなし。その強さは正直に讃えるべきだと思います。

選手とサポーターが喜ぶ姿を目に焼き付けました。

神戸もいつか、あのトロフィーを掲げたい。

そんな気持ちを抱いた人が多かったはずです。ノエスタにトロフィーが来たのに、相手のためという皮肉を経験したわけですが。

次は自らのためにトロフィーが用意されるクラブになりたいですよね。

image imageimage image image