6/3 YNC名古屋戦 待ちわびた歓喜




先週の土曜日はホームで仙台を迎えての一戦。

気持ちのこもったプレーを選手たちは見せたものの、悔しい敗戦。やっている方向性は間違っていないため、このままやり続けるしかありません。

今節はナビスコ杯の最終節。相手は鬼門の名古屋。勝ち抜けるためには大量得点での勝利が求められます。

若手中心の名古屋相手にどのような戦いを見せるのでしょうか。

image

歓喜の後半

試合は前半は一進一退の攻防。

安田が惜しいシュートを迎えたと思えば、相手の若手田中のシュートがバーを叩いたりと危ない場面も。

全体的に神戸は距離感がよく、以前よりもボールが回っていました。

相手のボランチがゆるいためボールが回っていたとも言えますが。

後半に入って、神戸に勢いが出ました。

まずは左サイドで安田がライン際まで持ち込んでバイタルエリアにマイナスのパス。

誰もいないエリアにウヨンが走り込んで来てダイレクトでミドルをぶち込みました。

綺麗な弧を描いたボールはネットに突き刺さりました。このゴールが神戸を勢いづかせました。

その後、ペドロが左サイド奥で受けるとそのまま中へとドリブル突破してシュート!

相手は全くついてこれずに失点してしまいました。

3点目は左サイドの安田がアーリーぎみに入れたクロスに渡邊が高い打点で豪快にネットに突き刺しました。

このゴールはサイドネットに突き刺さったようにも見えて、歓喜が遅れましたがリプレイをみるととても綺麗で豪快なゴールでした。

ゴール後にスタンドに走って行った渡邊が印象的でしたね。

最後は相手のCKからロングカウンター。ボールを受けたしゅんきからペドロへ。

そのまま相手DFをドリブルでかわしてシュートを突き刺しました。

不調だったペドロがゴールを2得点ということでチームは上向きになるでしょう。

ペドロがゴールを取れるようになれば渡邊や小川のマークもあきますし、相乗効果が生まれます。

相手の守備がゆるかった事もありますが、圧倒的に攻めたと思います。

2年連続の決勝トーナメント

そのまま試合終了。

2年連続の決勝トーナメント進出を決めました。

それまで進出したことがなかった神戸が2年連続で決勝トーナメントへ駒を進めるなんて驚きですね。

今年こそはトーナメントを勝ち抜いて、決勝までいきたいですね。

決勝トーナメント進出のクラブは

G大阪、鹿島、浦和、柏、名古屋、F東京、新潟、神戸です。

ガンバとの戦いはもういいので、別のクラブを希望します笑。

どこと当たったとしても勝ち抜いて準決勝までいきたいですね!

01