6/5 YNC予選リーグ最終節 湘南戦 初タイトルへの軌跡




前節の神戸は熊本・大分エリアで発生した大震災によって延期となっていたアウェイ鳥栖戦で行われました。

連戦で疲れがはっきりと見える神戸は全体的に動きが少なく難しい展開となりました。

結果的にスンギュにビックセーブ連発に助けられ、勝ち点1を持ち帰る結果となりました。

連戦の最終戦となる本日はナビスコ杯予選リーグの最終節。

既に決勝トーナメントへの進出を決めている神戸にとっては貴重な消化試合です。

主力を休ませると共に期待の若手たちの躍動を楽しむ試合にしたいですね。

福島で開催することの意味をしっかりと捉えて、結果を伴う試合を期待したいです。

image

若手重視のスタメンとなる

スタメンを見ていきます。

GKは徳重。控えGKに山本海人が入りました。

DFは右から東・祥平・北本・田中雄大。

ボランチに前田とヒデを起用し、2列目には中坂と石津を起用しました。

2トップは渡邉と小林となっています。

ベンチに目を向けると山口や増山、田代などがベンチ入りしています。

中坂のゴールシーンだけの前半

前半の神戸は相手の鋭い出足に苦しみ、いつものパス回しができない展開。

メンバーがいつもと違う関係からDFラインから前へ効果的なパスを供給できません。

小林が積極的に裏へ抜けて起点を作ろうとしますが上手く行かずにボールをロストするシーンが増えます。

縦パスが出ない、縦パスが入っても奪われるシーンが多いためボールが前にすすみません。

ロングボールのセカンドボールは湘南がことごとく奪うためリズムが生まれません。

相手に決定機が多くあったわけではありませんが守勢に回る時間が長くなります。

選手間の距離が遠いためパスが届かずにボランチより後ろでボールを失ってショートカウンターを浴びるシーンも見られました。

最後は北本や祥平が体を張って止めていますがいつ失点してもおかしくありません。

そんな中で先制点が神戸に生まれます。

中盤で石津が右サイド裏へ走った渡邉へスルーパス。

右サイド抜け出した渡邉が中央へグラウンダークロスを供給。

左サイドから中央へ入ってきていた中坂がフリーになっており、クロスに対してダイレクトで合わせて先制点!

どフリーな場面で落ち着いてミートし、ネットに流し込んだ中坂の冷静さと技術の高さが際立ったシーンでした。

このまま前半を終えます。

交代策が結果を引き寄せる

後半に入って神戸は劣勢の時間帯を迎えます。

特に東がサイドバックを務める右サイドから崩される場面が増えます。

右サイドで相手の対応をする東が振り廻せれて突破されるシーンが見られ、決定機を相手に与えてしまいます。

守備面で最後のゴールは割らせませんでしたが危ないシーンが続いたことは反省点です。

一方で東も試合数をこなして落ち着いてきましたがまだまだ経験値が足りないのも事実ですね。

試合は進んで神戸はキングに代えて藤田を投入します。

藤田と前田でバランスを見ながら渡邉に縦パスを入れて右の石津を使うパターンが安定します。

CKを獲得する場面も増えて、徐々に盛り返します。

続いて松村を投入して右サイドに配置します。

今シーズン何度もチャンスをもらいながら目立った結果を残すことが出来ていない松村を起用してきました。

当初はボールに触れる場面がなかった松村ですが、結果を残してみせます。

右サイド大外に開いてボールをもらうと、中へ切り込みながらドリブルを開始。

中の渡邉へ当ててからリターンをもらう所で潰されますが、こぼれ球をダイレクトで藤田がミドルシュートを放って追加点!

松村は少ない時間でしたが今シーズン初めてと言って良い仕事をしましたねw

最後は増山も2分程度出場機会を獲得して試合終了となりました。

これでナビスコカップ予選リーグは5勝1分という圧倒的な結果を残して首位通過。

他を見ると、大宮と横浜Fマリノス、そして福岡が勝ち上がってきました。

ACL組を加えて抽選し準々決勝へと続いていきます。

今年こそはタイトル獲得を!!