7/13 横浜戦 この試合で勝ち点1すら残せない現状を憂う

スポンサーリンク

前節はホームで鳥栖相手に引き分け。

しかも先制した後にあっさりと逆転されてから追いつく展開。

気を引き締め直さないとずるずると失点を増やしそうな雰囲気が漂います。

今節はアウェイにて横浜との1戦。

中村俊輔率いる横浜相手にどこまで出来るか注目の1戦となりました。

image

新戦力をスタメン起用

スタメンを確認します。

GK:スンギュ

DF:シュンキ・岩波・伊野波・橋本

MF:小林・ニウトン・藤田・渡邉

FW:レアンドロ・ペドロ

新戦力である橋本をスタメン起用してきました。

また五輪代表に選出された岩波を起用。

前節に続けてニウトンをスタメン起用してきました。

ベンチには相馬や北本、三原、石津などが入りました。

image

セットプレイから先制!

前半の神戸はスタートから相手を押し込む展開。

特に幅を広く使った攻撃からサイド・中央を問わずに攻略する展開が見られました。

小林のミドルシュートが枠をかすめるなどいい攻撃を展開。

その流れからCKで先制点を挙げます。

中央で完全にフリーになっていたニウトンが頭で合わせて先制点!

来日2試合目で初得点という結果を残しました。

練習でも無回転ミドルを放つなどフィット感が増せば増すほど活躍が期待される選手ですね。

その後、DFラインの裏をとられる場面が見られるようになりました。

伊野波が右肩を脱臼したような仕草を見せていました。

失点が減らない神戸のDFラインにとって不安材料が増えてしまいました。

横浜にチャンスを決定機は与えませんでしたがジャブのように全体が走らされる展開が続きました。

前半終了時点においては1点リードで折り返しました。

image

2点差を逆転されてしまう

後半から横浜は中村俊輔を投入してきました。

しかし追加点を先にゲットしたのは神戸。

右サイドでニウトンがボールを保持しながらグラウンダーのスルーパス。

裏へ抜け出したペドロの足元へピッタリと合いGKの股を抜いて追加点!

糸を引くようなスルーパスに息をのんだ方も多いはずです。

更に期待してしまう内容ですね!

しかし、直後に神戸の右サイドからクロスを上げられて失点。

ここから完全に守勢に回ります。

ボランチを中心に運動量が落ち、押し込まれてしまいます。

セカンドボールが全く拾えなくなり二次攻撃・三次攻撃を受ける展開になってしまいました。

相馬や三原を投入しましたが効果はなく守勢一辺倒へ。

そしてPA内のファールを取られてPKを献上して同点。

追加タイムには相馬のサイドを崩されて失点。

逆転負けとなってしまいました。

image

この試合で勝ち点を獲得できない現状

今日の試合はアウェイながら前半に1点、後半に1点と順調な試合展開を見せました。

2点目を挙げた直後に失点するなど悪い癖が出ましたが、落ち着いてコントロールすれば引き分けは獲得できたはずです。

結果論ですがベンチメンバーを含めて選手のチョイスを間違えた気もします。

こういった試合で勝ち点を獲得できない現状を重く受け止めるべきです。

アウェイで勝ち点1を確実に持って帰れる展開であれば勝ち点1に固執する意地を見せて欲しいです。

週末の試合に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。