7/19 仙台戦 歓喜の仙台




前節はホームで湘南を迎えた一戦。

デコボコのピッチに苦労して、肉弾戦へと発展した試合は引き分け。

今節は仙台の地に乗り込んでの一戦。勝ちだけを見つめて戦う。

image

静かな前半

試合は前半は神戸の時間帯が長く続いたものの、決定機に欠く展開。

相手に攻め込まれて危ない場面を作られる時間帯もありました。

ただ、中央からサイドへ徹底してボールを振り分ける展開は継続できており、相手を振って選手間の距離を広げようとしていました。

森岡・ウヨン・三原ががんばってボールをつなぐ展開でした。

image

選手層で圧倒

後半に入って一転神戸は押し込まれる展開に。

仙台が前への圧力を強めてきました。

その流れのままセットプレーを立て続けに獲得され、その勢いのままCKから失点。

この展開にネルシーニョが動きました。

三原とマルキを下げて、小川と渡邊を投入。

動きの少なかった前線が活性化。小川が積極的にサイドのスペースに走り込んで、ボールを前へ呼び込むと流れは神戸へ。

小川が良いタイミングで相手DFラインの間で縦パスをもらって反転。

PA内へ突進し左足でシュートモーションに入ろうとした所で後ろから倒されてPKを獲得。

渡邊がサイドネットにPKをきっちり沈めて同点。

同点に追いついて、2分後。

相手CKをきっちり跳ね返したボールをレアンドロが収めて前へ突進。

逆サイドを小川とシュンキが追い越していったところで、大外のシュンキへパス。

ワントラップからハーフボレーでゴールへ突き刺して勝ち越し!

そのまま試合をクローズして逆転勝ち。

image

助っ人がダメな時でも次がある

この試合、マルキとレアンドロが実力を発揮できずに前線の流動性が少なくなってしまっていました。

ボールは運べるものの、最後の部分で動きが少ないので展開できませんでした。

そこで小川を入れて前線を活性化。

サイドで積極的に絡んで、相手の選手距離を広げることに成功。

その微妙なバランスが崩れたタイミングでPKを獲得という流れになりました。

強力外国人は魅力的ですが、その控えにかまえているのも他のクラブであればスタメンをはれるレベルの2人。

選手層が厚くなり、攻撃に幅が出てきました。

image

 

次節はガンバ大阪戦

さて、次節はガンバ大阪との一戦。

しっかりと身体を休めて、絶対勝ちましょう!

image