7/23 第5節 広島戦 為す術も無く

スポンサーリンク

前節はホームで湘南を迎えての1戦。

序盤、相手にペースを握られるも渡邉の個人技で先制点をゲット。

後半にもGKからFWというシンプルな縦パスでレアンドロが決定力を発揮しました。

ホームできっちりと湘南を相手に勝ち切ることができました。

前線の個人技で勝っていると言われるかもしれませんがそれもサッカーです。

今節はアウェイの地で広島と対戦。

昨年は小川選手のロスタイムゴールでアウェイ広島初勝利をあげました。

今年も勝利を獲得するために現地入りしました。

image

伊野波がスタメンに復帰

まずはスタメンから確認します。

岩波が五輪へいってしまったためCBが1人減っています。

GK:スンギュ

DF:シュンキ・北本・伊野波・橋本

MF:小林・ニウトン・三原・渡邉

FW:レアンドロ・ペドロ

控えには石津や松村、祥平、田中雄大が入っています。

伊野波が脱臼から復帰し、スタメンに入ります。

前半終了間際に失点・・・

前半の神戸、相手の早い出足に苦労する展開となります。

前線まで効果的にボールを運べないため守勢に回る時間が増えます。

ビルドアップの時点でミスが散見され、少ない縦パスもカットされる場面ばかりでした。

守備面においても北本や伊野波がウタカを相手に苦戦。

一瞬で入れ替わられてあわやの場面を作られます。

広島は数多くのCKを獲得して枠内シュートもかなりの数を放っていました。

それでもなんとか無失点で前半を終えようとしていた45分。

中央にパスを出され、ボールを受けたウタカに対して潰しにいった北本が交わされます。

カバーに入った伊野波も遅れてしまい、フリーで放たれたシュートはクロスバーを叩いてネットイン。

あと数十秒耐えることができれば無失点での折り返しとなったシーンですが残念ながら失点となってしまいました。

苦しい展開のまま前半を終えます。

image

ビックチャンスの後に大ピンチ

後半スタートから神戸は選手交代を使いました。

小林に代えて松村を投入しました。

後半に入ってからパスにテンポが出てきた神戸。

縦パスが効果的に入ったことで前線が活性化します。

広島の中央は強固な守備を築いていたため、なかなか結果には結びつきませんが粘りを見せます。

ビックチャンスが訪れたのが58分。

ゴール前でペドロと渡邉が連動してPAエリア中央へボールがこぼれどフリーのレアンドロへ。

ボールが少し流れたところからシュートを放ちますが残念ながらポスト直撃。

ゴールキックをクイックリスタートされ広島のチャンスへ激変。

左サイドが崩されウタカクロスからの中央で待つ宮吉へ。

ワンタッチでゴールへ流し込まれて追加点を喫しました。

ビックチャンスの後に失点し、厳しい展開となりました。

直後に石津と藤田を投入。

攻勢にでましたが得点を奪うことができずにタイムアップとなりました。

神戸にとってのチャンスはレアンドロのビックチャンスのみ。

難しい一戦となりましたが前を向いて次に備えましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。