7/29 広島戦 繰り返す失敗

スポンサーリンク

前節は宿敵、ガンバ大阪戦。

そのなかで悔しい悔しい敗戦を喫しました。

今節はセカンドステージ負けなしの広島。さて、どうなったでしょうか。

image

なぜこういう試合を繰り返すのか

前半、立ち上がりは押し込む展開になりました。

積極的に相手のバイタル付近でボールを回して攻めました。

ウヨンの惜しいミドルがバーを叩くなど、惜しい場面もありました。

しかし、一転、中盤でボールを失い、相手のカウンターを三原がまた抜きでかわされその後も中途半端な対応からドウグラスに決められました。

そこから神戸は崩れ落ちていきました。

序盤、うまくいっていた中での失点で気落ちしたのでしょうか?

ふわふわと2失点目を喫してしまい、前半終了間際には海人の無駄なファールからPKを献上。

前半で3点ビハインドという展開に落ち着きました。

image

言い訳は芝ですか?

後半早々に4失点目。

その後はふらふらとボールだけは回すも、PA内にすら入れない展開。

もう見ているこっちが飽きてしまうような内容。

広島が神戸にボールを回させているような展開でした。

バイタル手前でしっかりとボールを奪われて、高いラインの裏へとボールを供給される。

ポストもきっちりとこなされて、ボールが奪えない神戸はカウンターにも持ち込めず打つ手なし。

もう、ただ時間が過ぎるのを待つだけでしたね。

確かに、ボールは不規則にバウンドします。それは事実です。

アウェイでみせるような攻撃が出来ていないのも事実です。

でも、負けていいわけではありません。

これから中断期間に入りますが、もう1度全員で見直して、立て直しましょう。

芝生も立て直して下さい。

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。