8/22 甲府戦 ミスが命取りに。気持ちが見えない。

スポンサーリンク

前節の川崎戦は4月以来のホーム勝利をあげて100勝を達成。

この勢いで、苦手の中銀スタジアムで勝利したいところ。相手の甲府のカウンターに備えながらきっちりと崩したい。

image

一進一退の前半戦

スタメンは継続。

今日はスタートから4バックを採用して臨みました。

きっちりとブロックを作って中央を固めつつ、サイドにボールが入るとプレッシャーを激しくかけてくる甲府相手に前半は停滞ムード。

相手がきっちりとスライドしてブロックを作るために、スペースがなく後ろでボールは持てるものの決定機はなし。

逆に相手は奪うと、サイドのスペースにボールを出してFWが走って追いかける展開。

早いカウンターでゴールに迫ってきました。

前半はスコアレスで終えて、後半に期待したい展開でしたが・・・。

image

一瞬のミスで失点してしまい

後半に入っても一進一退。

相手も前に圧力をかけてくる展開でした。神戸も石津がボールをうまく受けつつ、コンビネーションで仕掛ける展開でした。

一方で、相手に決定機がありバレー選手のシュートをファインセーブで逃れるなど流れが悪くなるとミスが発生しました。

ウヨンがハーフライン付近でボールを失って、一気にカウンターをあびてしまい失点。

中盤より自陣でボールを失うとこうなってしまいます。

そのウヨンは直後に交代。

厳しい采配ですが、勝つために仕方ありません。

その後、増山の個人技などで攻めたてましたが、ゴールは奪えず。

最後、残念というか呆れたのがマイボールでバックラインで回しているときにタイプアップの笛が吹かれました。

点を取る気があるのか?と思ってしまいましたね。

image

神戸のサポーターとして恥ずかしい瞬間

今日は、非常に恥ずかしい瞬間がありました。

増山が相手のGKに対してアフターで膝蹴りをしてしまったシーン。

かなり危険なプレーでレッドカードを受けても文句を言えない場面でした。

当然ですが、相手のGKは悶絶して治療が行われました。

GKの治療は制限時間がありませんし、増山のプレーは反スポーツ的でした。

にもかかわらず、神戸サポの1,2人がブーイングや『立てー!』とヤジを飛ばしていました。

こんな人間が神戸サポに居る事が恥ずかしいですし、本気でもうスタジアムに来ないで頂きたい。

人間として終わっていますし、恥ずべき行為です。

同じスタンドにいて恥ずかしくなりました。もうこの方は金輪際神戸サポを名乗らないで下さい。

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。