8/29 鳥栖戦 ケチャドバの神戸 全ての人の努力に報いる勝利




前節はアウェイの地、甲府で必殺カウンターをあびて失点。

そのまま敗戦となってしまった神戸。

今節は、急遽開催スタジアムをユニバー競技場に変更しての一戦。

苦手とする鳥栖相手に、どれだけ気持ちのこもった試合が展開出来るか!!

image

天敵に決められるも大きな逆転で折り返した

前半、神戸は相手の前からの圧力に屈してしまいショートカウンターから失点。

天敵中の天敵である豊田にエリア外から強烈なミドルを決められてしまいました。

ぽっかりと空いたスペースを自由に使われてしまったので、そこはもう1度気をつけないといけないですね。

その後、神戸はまた自分たちの時間帯に戻そうと努力します。

そこで、獲得したCKから同点!そして、前半のうちにサイド攻撃からレアンドロが逆転弾をぶち込みました。

前半のうちに同点、逆転と試合をひっくり返せた事は非常に大きかったですね。

逆転弾は前半のラストプレーとなりましたし、1発でした。

image

後半はゴールラッシュ

後半に入って、神戸はゴールラッシュ。

開始早々にレアンドロがゴール。

その後、岩波・石津・森岡とゴールが続きました。

どのゴールもサイドをしっかりとつかったりセットプレーからの得点であったりと相手をしっかりと崩す展開も見られました。

また、石津がゴールしたときはチームが盛り上がっていると感じましたし、石津もサブメンバーに飛び込んでいきました。

image image

最後は渡邊が2点目を決めて、終わってみれば7−1となりました。

また、この試合では2人の選手がプロデビューを果たしました。

ユースから昇格1年目の山口がまずはデビュー。

来季加入内定で強化指定中の松下が更にデビューを果たしました。

また、交代では両サイドの選手を下げるなど次を見据えた采配が目立ちました。

image

この勢いを持ってナビスコへ!

さて、大勝した後は勝って兜の緒を締めなければなりません。

来週はナビスコ杯準々決勝。

昨年はこのステージで敗戦してしまいました、初タイトルへの道は険しいですが届かないものではありません。

相手は柏レイソル。

チョン・ウヨンを代表で欠いた状態での戦いとなりますが、この勢いでもってアウェイを勝利してまたこのユニバーで準決勝進出を決めましょう!

image image