9/12 FC東京戦 ふがいない結果




前節の事を覚えていますか?鳥栖相手にホームで7−1と快勝しました。

そこからナビスコカップと天皇杯を挟んだ神戸は過密日程最終戦となるリーグ戦を迎えます。

相手は好調のFC東京。ナビスコカップでは鹿島相手に敗戦しましたが、年間順位でも上位につけるなど好調です。

そんな相手のホームでどういった戦いをみせてくれるのか。

image

一瞬の隙が命取り

この日の神戸はスリーバックからスタート。

ウヨンがスリーバックの真ん中に入り、前田と三原がボランチを組みました。

石津を下げて、森岡を前線に上げるポジションとなりました。

前半の神戸は両サイドをうまく使って、サイドチェンジを繰り返しながら攻めていました。

しっかりとパスを回して攻める事が出来ていました。

消極的なパスではなく積極的に縦に入るパスもありました。

しかし、失点したのは神戸。ファールの基準がナーバスだった状況で中盤でボールを奪われてショートカウンターからゴラッソシュートを決められてしまいました。

一方で、神戸にとってもビックチャンスがありました。

前半終了間際に渡邊が裏へ抜け出して1対1となりましたが、決めきれずとなってしまいました。

image

カウンターから沈没

後半に入って、気持ちをリセットした神戸はまた両サイドをしっかりと使った攻めを展開。

また裏へ抜けた渡邊にチャンスが訪れるも、トラップが流れてしまい決めきれませんでした。

そうこうしているうちにセンターライン付近で与えたFKを交代で入った東の機転の良いパスで逆サイドへクイックスタート。

高橋が相手の2人を対応する形になり難なくフリーでクロスを許してしまいます。

クイックスタートされていたため、CBで対応を余儀なくされた所できっちりと前田に決められてしまいます。

ここで、交錯した海人が痛んでしまいます。試合には継続して出場しましたがここで試合が決まってしまったかのような瞬間でした。

気持ち的に落ちてしまった神戸は3失点目も前田に与えてしまい万事休す。

完敗となりました。

神戸のメンタル面の落ち方がすごかったので、最後は見ているのが辛い試合でした。

image

自分たちは弱い

神戸は強くない。

柏の2戦目も敗戦でした。そしてFC東京相手にも敗戦。

このままではナビスコカップどころの話ではありません。

次節の新潟戦。必ず勝たないといけません。残留争いに巻き込まれるわけにはいかないのです。

必ず勝ちましょう。

image